は、沙織さんもそんな中の一人でした。

冬休み直前のある日、今まで 「あきらめるな」 「がんばれ」 と、励ましてくれていた担任の先生に 「やっぱり、志望校を変えたほうがいいよ」 と言われてしまいました。彼女は家に帰ると、お母さんの足元にうずくまって、声を上げて泣いたそうです。

このとき、彼女はどんなにつらかったでしょう。わたしも涙をこらえながらお母様の話を聞きました。

けれども彼女は、いままでに見たこともないある学習方法を身につけ、最後はとうとう 「その高校は無理だよ」 と言われた 「その高校」 に見事合格しました。

その時、沙織さんを救ったのが、この学習方法です。よくご覧になってください。これはいったい何だと思いますか。

中3の冬休み、入試まであとわずか75日。沙織さんは、そんな時期に、駆け込むようにして、わたしの塾にやってきました。

そして彼女は、一生懸命にこれを書き続け、見事1ランク上の高校に合格しました。

どんな学力の子でも、このやり方を教えると、時間を忘れて勉強に集中します。そして、やればやるほど面白くなり、集中力が上がってきます。その結果、本人も驚くほどの成績向上が達成されます。

これをあなたのお子様にも教えてあげたいと思いませんか。


すぐには信じられないかもしれません。それではつぎに、こちらをご覧になってください。

去年、あなたと同じように偶然このサイトを見て、「本当に上がるかな~」と思い ながら、この学習方法をためしてみたお子様たち、そして、お父様、お母様たちの合格後の感想文です。

  • 学習方法の効果には個人差があります。
  • 以下の感想文のお名前はプライバシー保護の点から仮名にさせて頂いています。ですが手紙はいずれもご本人の直筆です。
学習方法の効果には個人差があります。
書いてあるとおりに勉強したら、
第一志望校に合格しました。
金井 圭さん(高知県)
圭さんの感想
私はこの谷沢塾のマニュアル本を見て、これは私にむいているかもしれないと思いました。なぜそう思ったかというと谷沢塾のマニュアル本には一生懸命していても要領が悪いために勉強が伸びない人がいるということが書いてありました。まさに、これは私のことだと思ったからです。その点で興味が湧いたので、もっと詳しく読んでみたら、自分の勉強時間は無駄な時間がとても多いことに気がつきました。また私は理科と社会が苦手だったので◯◯◯◯は私にとって最適でした。つくるのは少し時間が、かかったのですが入試前になると、とても便利だったので後悔は少しもありませんでした。とくに歴史についてつくる時は時代の流れを感じながら覚えることとできるのでとても頭に入れることができました。このようなおかげで私は見事第一志望校に合格することができました。今は谷沢塾の必勝マニュアル本に本当感謝してます。ありがとうございました。
お母様のご感想
75日合格マニュアル本を読んで私はこの谷沢塾の谷澤先生のマニュアル本と出会いとても感謝しております。まずびっくりしたことは普通の参考書とはまったく違うこと!!右脳を発達させるにはどうしたらよいのか具体的に書いてありました。12月末にマニュアルを購入し、読むには最適の冬休みで県立入試まで70日というところでした。今まで実力テストでできなかったところを◯◯◯◯を作るという方法で復習していってました。そして2月からは、メールアドバイス通り、予想問題集、過去問等を毎週土・日に行い、◯・△・☓をつけ△に重点に置き△のところを◯◯◯◯を作るという方法をとって行きました。また何よりも本人が絶対に受かるという気持ちが大切であり、親はそれを信じてやることだということが、谷沢塾のマニュアル本やメールアドバイスで伝わりました。谷沢塾のマニュアル本に書いてあった◯◯◯◯の法則も最後のメールアドバイスでももう一度教えて下さってとても良かったと思います。本当にいろいろなアドバイスありがとうございました。たまたまパソコンで見つけた”谷沢塾の75日合格マニュアル”に出会えて本当に良かったです。谷澤先生に感謝します。
学習方法の効果には個人差があります。
偏差値が13も上がった。そして、
100人以上も落ちる倍率の中で合格!
町田 亮介君(埼玉県)
亮介君の感想
母が谷沢塾の「わずか75日で合格公立高校入試必勝マニュアル」をネットで見つけて僕に見せてくれました。読んでいると「不合格になる人の学習方法」という項目があって、僕の勉強方法がぴったりと合ってしまいました。これでは不合格になってしまうと勉強方法を変え、各教科ごとに勉強方法がのっていたので参考にさせてもらい、勉強始めました。ただ、※※※※はどうしても出来ず、谷沢塾のマニュアルにのっているものを使用させてもらいました。
すると、9月からは模擬テストごとに少しずつ偏差値が上がって行き、わずか4ヶ月で13も偏差値が上がりました。行きたいけど、全く無理と言われていた高校の合格率60%まで偏差値が上がってまわりも、自分もびっくりでした。前期入試では4倍の倍率で落ちてしまいましたが、どうしてもその高校に入りたくて、ランクを下げず再チャレンジしました。受験直前に疲れが出はじめ、思うように進まなくなった時、谷澤先生に教えて頂いた※※※※※※※※のおかげで能率UPして、後期も100人以上落ちる倍率でしたが、合格することが出来ました。
お母様のご感想
この子はレベルを下げないとだめだろうか?それともUPする為には、何かいい物はないだろうかと考えていた時、ネットでこの谷沢塾のマニュアル本を目にしました。75日ならまだ間に合うかもしれないと思わず購入していました。届いてみると、不合格になる人の学習方法が息子の勉強の方法と全く同じで、非常に不安を感じました。本人は私以上に思ったのでしょう。この谷沢塾のマニュアルを必要になって読み、勉強を始めていました。随分、参考になった様でした。また、谷沢塾のマニュアルを購入しただけで終わりだと思っていたのですが、谷澤先生からメールが届き、励ましの言葉、勉強方法など、入試直前まで定期的にフォローして頂き、親子共々初めての入試で不安な事が多かったのですが、メールはとてもこころ強いものでした。
谷沢塾のマニュアルもとてもいい物でしたが、それに加え入試までのフォローも完璧で、親子共々非常に感謝しております。ありがとうございました。谷澤先生に出会ったおかげで、無理だと思っていた高校への受験出来るだけのレベルまで到達した上、合格することが出来ました。この谷沢塾のマニュアルを購入していなかったら、勉強方法も変わらず今の息子はなかったと思います。
学習方法の効果には個人差があります。
マニュアルを買ってくれた
お父さんとお母さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。
川崎 美奈子さん(静岡県)
美奈子さんの感想
谷沢塾の「わずか75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル」を使ってやったぁ!!…合格発表の日、私は掲示された紙を見てとても嬉しかったです。そして、今まで『※※※※』を自分で作ってきて、本当に良かった、と思えました。もちろん、計算問題も解き、英単語も覚えたけれど、最も時間を費やしたのが、『※※※※』作りでした。自分が大切だと思う言葉を、教科書や参考書から選び抜くのは大変だったけれど、大切な語句をいろいろな事柄と関連付けて覚えることができ、上手に作るとても大きな力となりました。そして試験当日、自分を信じて問題を解き、今まで『※※※※』で培ってきた大きな力を、発揮することができました。合格発表日に、あれだけ喜ぶことができたのも、このマニュアルを製作シてくれた谷澤先生と、この谷沢塾のマニュアルを買ってくれたお父さん、お母さんのおかげです。今私は、感謝の気持ちと、頑張って良かった!という気持ちでいっぱいです。
お母様のご感想
「出会えて良かった。」中3になると、体育部は春で引退、夏休みから入試の勉強が本格的に出来る中、吹奏楽部は、夏休み中、一日部活で、11月の文化祭の行事もひかえていました。部活も勉強も一生懸命やっている。(テスト期間中は、クラスで1~2番位の時間数をやっていました。)そんな中の9月の実力テストで順番が落ちたことで、親としてガーンとなりました。入試の時間がせまる中、何とかしてやりたい。順番伸ばしてやりたい。本屋に行ってみたり、不慣れなパソコンを見る中、なぜか谷澤先生のたしか『勉強して、お母さんを喜ばせることができてうれしかった。』という言葉に、この方なら信用できる気がして、購入しました。谷沢塾の「わずか75日で合格」この言葉にも、すがる思いで。マニュアルをかみしめて読んで、この通りにやってみようと信じて、子供も素直にやってくれました。親としては、※※※※、むずかしくて、めんどうなのでは?と思う中、突然、進んで※※※※を作り、テスト勉強してる、どんどん作っている。少しづつ、取り組む姿勢が変わっているのが分かります。そして結果も動きます。この谷沢塾のマニュアルを購入して良かったと思います。そして、学校の先生には、厳しい事を言われることが多い中、谷澤先生だけは、いつも応援して、見守っていてくれて、支えられました。入試ギリギリまでのアドバイスと入試後のフォローも、ありがとうございます。

高校入試が終わると、
このような合格のお手紙を本当にたくさんいただきました。

「ありがとう。遠く離れていても、あなたはわたしの大切な生徒です。ありがとう。高校生になってもがんばって。」 わたしは涙を流しながら、お礼のメールを打ち続けました。

ひょっとしたら、高校入試に悩む、全国の中学生の役に立つかもしれない。
このように、何気なく思って立ち上げたこのサイトが、思わぬ方向に向かって動き出し
ました。

なぜ、私は23年間個別指導専門塾をやりながら
培った自社の大切な指導ノウハウを、
公立高校入試合格をめざす中学生のために、
塾の授業料わずか1か月分の値段で公開する決意をしたのか。

はじめまして。

私は新潟県新発田市(しばたし)という人口10万人ほどの地方都市で個別指導の学習塾を経営しております谷澤 潤(たにさわじゅん)と申します。

「なんだ、そんな田舎でやっている塾なんて、たいした授業はやってないんじゃないの」

多くの方がそのように思われるかも知れませんが、実は今、地方都市のお父様お母様方の教育熱は非常に高いのです。

確かに地方は、大都市に比べるとビジネスチャンスなどは、かなり少ないです。 しかし、だからこそ親たちは 「子どもは大きく成長して欲しい」 「全国レベル、世界レベルで勝負できる人間になって欲しい」 と期待します。そんな期待に応えなければならないので、地方の塾のレベルはすごく高くなっているのです。

ですから「ひとりひとりのために親身に指導します」 などと、ちょっと言ったところで、目の肥えた今の親たちにはけっして振り向いてもらえません。本当に結果を出して、なぜその結果が出たのかを証明できるくらいでなければ生き残っていけません。

もしも、あなたのお子様が、成績が上がらなくて悩んでいるのなら、きっと 「やってはいけない学習方法」 を、”たくさん”やっている
可能性
があります。

これからわたしは、あなたのお子様がまったく気づいていない 「やってはいけない学習方法」 のこと、そして、あなたのお子様が、いままで全く知らなかった、子ども本来の脳の使い方を取り戻し、確実に1ランク成績を向上させることができる学習方法について、お話します。

けれどもその前に、わたしの話を信用していただくために、わたし自身のこと、そして、23年間懸命に働き、守り続けてきた、わたしの塾について紹介させていただきます。

わたしの塾は、

事業所名:有限会社谷沢塾
所在地:新潟県新発田市中央町2丁目4-19
生徒数:約80名
従業員(専任教師):1名

新潟県の東北部にあります。県庁所在地の新潟市より北東へ約30km行ったところです。 海へも山へも車で約20分。豊かな自然に恵まれた町です。

その商店街の真ん中に、私の塾があります。

塾の正面です。生徒たちがやってきました。これから授業です。
谷沢塾は、勉強を教えるよりも、子どもたちの集中力を最大限に引き出すことを第一の目的にしています。 そのため、このような独自の教室作りをしています。
子どもたちひとりひとりがどのように勉強するか、その様子をじっと見て、 「勉強のやり方」を身につけさせる。そんな塾です。
ときどき生徒の前に立って教えますが、教えるのは「教科」ではなく、「勉強のやり方」です。

こんな田舎の小さな塾なのに、なぜマスコミの注目を集めているのか。それにはちゃんと、
理由
があります。

わたしは、入塾時の学力で、子どもたちをけっして差別しません。 生まれつき頭の良い子、悪い子は絶対にいません。

その子の持つ最高の集中力を引き出した上で、

  • 考えるということを教える
  • 身につくまで練習することを教える

この二つのことをしっかりやってあげることで、どんな子の成績も必ず上げてやることができます。

そんな信念のもとで行うわたしの塾経営は、やがて広く知られることになり、出版社から本の出版の依頼をいただき、新聞やテレビの取材も受けるようになりました。

新潟日報社の取材を受けました

地元新潟県の学習塾の塾長が書いた、親を指南する本ということで新潟日報社から取材を受けました。

右の画像をクリックすると拡大して記事をお読み頂けます→

テレビ神奈川の取材を受けました

わたしが書いた、受験生を持つお母様向けの本が、東京と神奈川でよく売れたので、テレビ神奈川さんの取材を受けました。

まだ雪の降る2月に、新潟県まで取材に来てくれました。



全国の塾の先生にも知られるようになり、
わたしの指導方法について毎年講演会
行なっています。

わたしの塾には今全国の塾の先生や経営者から「どんな指導方法をしているのか」「どんな教材を使っているのか」など問い合わせがあいついでいます。

そのご要望に応えて、年に数回、東京と大阪で塾長向けのセミナー「谷沢塾成績向上の秘密」を開催しています。


毎年行なっている講演会「谷沢塾の成績向上の秘密」 多くの塾長様が集まってくださいます。

わたしが全国の塾経営者を対象に行なっている講演会の模様は、
以下をクリックしてご覧ください。


谷澤が行なっている講演会、谷沢塾の成績向上の秘密の様子



また、地元の新潟県で「谷沢塾見学会」も、行なっています。

わたしの塾の見学会の様子。生徒の集中力の高さに、先生たちは みんな驚きの様子です。

もしあなたのお子様が成績優秀で、「高校入試はもうバッチリ自信がある」というのなら、
この先はお読みになる必要はありません。

けれども、もしもお子様が、

「行きたい高校に合格するには、まだ成績が足りない」
「担任の先生に、今の志望校は少しむずかしいと言われた」
「今のやり方でいいのか、どうやって勉強したらいいのか、まだよくわからない」

このように、少しでも不安になっておられるならば、この手紙を最後までお読みになってください。 絶対に損になることはありません。

多くの中学生が、本当の勉強のやり方がわからないまま、高校入試を迎えます。

一生に一度の高校入試なのに、「よし、これでいい」 とか 「ぼくはよくやった」 という手応えも得られずに、またそれを学校でも塾でも教えてもらえずに、

「どうせぼくの力なんてこんなもんだ」
「精いっぱいやってこうなんだから仕方がない」

こうして仕方なく自分を納得させて、なんとなく煮え切らない思いで入試を終える中学生が、何と多いことでしょう・・・。

知っているか知っていないか、世の中にはただそれだけで仕事や勉強の成果に大きな差がついてしまう、そんなことがたくさんあるのです。

「やり方なんてないよ。一生懸命やれば結果はついてくる」

そのように豪語する人もいます。でも、本当にそうでしょうか。

「気力」や「精神力」は、確かに大事です。けれども、成果の出る正しいやり方も知らないで、気力、精神力だけで何とかなるほど、世の中は甘くありません。

受験勉強も同じです。 ほんの少しの勉強のコツを知るだけで、どんどん成績が上がり、最初の予定よりも1ランク上の高校に合格してしまった。 そんな子はたくさんいるのです。

その一方では、ほんのちょっとしたコツを知らないために、まるで方向違いの勉強をしてしまったり、気持ちだけカラ回りして、さっぱり成果の出ないまま、中学校の3年間を過ごしてしまう子もたくさんいます。

その子たちは、そのまま、なんの進歩もないままに入試の日を迎えます。

「勉強しないのはやる気がないからだ」 「本気になってないからだ」

子どもに対してそんなことを言う親や指導者は、自分が適切なアドバイスができず、ほかに言葉が見つからないからそんなことを言うのです。少し厳しいことを言うようですが、 本当に勉強不足なのは、実は親や指導者のほうなのです。

多くの人が
塾の本当の役割をわかっていません。

塾は勉強を教えてくれるところ。・・・単にそう思っている人が多すぎます。

「えっ、だってそうじゃないんですか。他に何をするんですか。」

あなたもそのように思われますか?

実は、教えれば教えるほどだめになっていく子もいるのが現実です。そのような子は 「わかる」 イコール 「できる」 だと完全にカン違いしています。ついでに言うなら、その子のお母さんも同じカン違いをしています。

学校でも塾でも、子どもたちは先生の面白い話、わかりやすい話、耳ざわりのよい話にばかり夢中になります。そして子どもが 「塾は楽しい」 「授業がよくわかる」 と喜ぶと、親も 「よかった。これなら安心」 と思ってしまいます。

しかしちょっと待ってください。 あなたのお子さんは 「あーよくわかった。塾の授業、最高だ」 と喜んで帰ってきたとします。でもそのあと、どうしていますか。

あなたも思い違いをしているかも知れません。勉強とはまぎれもない、一種のスキル・ビルディングなのです。

先生の話を聞いて満足しただけで成績が上がるわけがありません。先生の話を聞いたあとは「実践」が必要です。 そのことに本気で向き合っている子のなんと少ないことか。

わかったあとは感覚にしみこむくらいに練習をしなければならない。

この心構えができている子のなんと少ないことか。

勉強というのは才能ではありません。執念にも近い思いをこめて練習に練習を重ね、その努力に比例してできるようになっていく 「スキルビルディング」 なのです。

多くの母親が子どもにこう言います。

 「わからなかったらどんどん先生に聞きなさい」

本当はこう言ってあげないといけないのに。

 「わからなかったらわかるまで考えなさい」
 「わからなかったら自分で調べるという努力をしなさい」
 「わからなかったら前に習ったことを忘れていないか、復習してみなさい」

子どもを勉強において、自立させてあげないといけないのです。

いつも苦労をして泣いていた、わたしの母が、
たった一度だけ、あんなに喜んでくれた。

23年間の個別指導塾経営によって培った、わたしの大切な指導ノウハウ。

本当は、このノウハウを自分の塾の生徒だけに使って、地域でナンバーワンの塾という地位を保っていく方が、個人的にはずっと得策です。けれどもわたしは、この大切なノウハウを、全国の受験勉強に悩むお子様たちのために公開していこうと決めました。

それにはちょっと、わけがあります。ちょっと恥ずかしいのですが、お子様のために真剣に考え、お子様ご本人と同じくらいかそれ以上にお悩みのあなたにならお話しすることができます。少しだけ、つき合いで聞いてください。

わたしがこの仕事を本当にやりがいをもってやれているのは、母のお蔭なのです。 わたしの母は、子ぼんのうで良い母親でした。けれども父の商売がうまくいかず、いつも苦労して、一人になるとよく泣いていました。

その母が一度だけ心からうれしそうに、とびはねて喜んだことがあります。 わたしが大学に合格したときです。こんな幸せそうな母の顔を見るのはそのときが初めてでした。そして家族みんなが明るくなりました。

「子どもの受験合格って、家族を幸せにするんだなあ」

このときの光景はいまも色あせずに、わたしの心に刻み込まれています。今寝る間も惜しんで真剣にこの仕事に打ち込めるのも、実はこのときの強い思いがあるからなのです。

本当はもっともっと親孝行したかった。けれども運命って残酷です。もう少しやさしい神様がいてくれてもいいのになぁと思ったりします。

わたしは母親にずいぶん苦労をかけて育ちました。それどころか、学校を卒業し社会に出てからも、大した能力もないのに独立起業などして母親に心配をかけました。

近所に大手の学習塾が進出してきて、塾の経営がどうにもならなくなったときに、いちばん心配してくれたのも母でした。

わたしが苦しんでいるとき、「これ、使って」 と言って、財布の中から6千円をくれました。1週間後に、200万円近くの支払のお金が足りない時でした。6千円をもらっても、どうしようもありませんでしたが、わたしはうれしくて涙が出ました。

何としても塾の経営を成功させ、母親を楽にさせてあげたい。そう思って必死に頑張りました。

そして、やっとの思いで危機を乗り越え、何とか経営を軌道に乗せることができました。今までさんざん苦労をかけた母親に恩返しをしようと思いました。

久々にとれた休みの日に、わたしは母親を京都旅行に連れて行くことができました。とても嬉しそうな母親の姿を見て、これからもたびたび親孝行しようと、心に決めました。

” 大学受験に合格し、母親を喜ばせた。”
これがわたしの、たった一つの恩返しになってしまいました。

けれども運命とは、本当に残酷です。この旅行のとき、ホテルでの母親の挙動がおかしかったのです。とても心配で、家に帰ってから病院に連れて行きました。すると母親は、アルツハイマーにかかっていたのです。

わたしの大切な母は今、普通の生活もできなくなってしまい、ある施設のお世話になっています。

わたしと妹、弟のために何でもしてくれた母。
その母に、わたしは何の親孝行もできないまま、今に至ってしまいました。
そして母はもう、わたしが誰なのかもわからなくなってしまいました。

今はわたしが何をしてあげても母にはわかりません。もうわたしに「ありがとう」とは言ってくれません。
ふとそれを思うとき、心の底から泣きたい気持ちになります。

けれども私は、大学受験のときに一生懸命がんばって、母親を心の底から喜ばせてあげた。
今となってはそれがわたしにできた、たった一つの母への恩返しになってしまいました。

死んで、あの世で母に会ったとき、
「ずっと見ていたよ。よくやったね」
と言ってもらいたい。

母へのたった一つの恩返しが大学合格・・・。もっともっといろんな親孝行をしたかったのに…。なんて情けない息子なんだろう…。わたしは何度も悔やみ、自分を責め続けました。しかし、悔やんでいても前には進みません。

きっとこれは神様が 「お前はそれしかできない人間なんだ。一生それで生きていけ」 こう言っているのだと思いました。

今、わたしは個別指導専門の塾を持ち、自分の暮らす町の子どもたちに受験指導をしています。ほかに取り柄はありません。だから真っ白な灰になるまでこの仕事をやり抜こうと思っています。

死んであの世で再び母に会ったときに 「兄ちゃんががんばってるのを、ずっと見ていたよ。本当よくやったね」 と言ってもらいたい。今、私の願いはそれだけです。

そしていま日本全国にいる 「ぼくは(わたしは)何とかして合格したい」 と思っている子どもたち、そして 「この子を何とかして合格させたい」 と思っておられるお母様、ご家族の方たち。

その方たちが、わたしが塾の生徒を合格させてきたノウハウを使って合格を手にしてくれたらどんなにすばらしいだろうと考えました。

あなたのお子さんは、きっと、あなたのことが大好きです。でもあなたは、お子さんの悩みをどれだけわかってあげられていますか?

わたしは母親が大好きでした。わたしは母親に本当に親孝行がしたかった。けれども、わたしの悪い“くせ”がまた出てしまいました。

「今は忙しいけど、そのうち必ず」

そうやって目先の仕事に追われているうちに、母親に親孝行をする機会を逃してしまいました。

子どもはみな同じです。無条件に母親が大好きです。あなたのお子さんは、母親であるあなたのことがいちばん大好きです。

けれども私はここで心を鬼にして言わなければなりません。

そのように心の底から慕ってくれるあなたのお子さんに対して、あなたはどれだけのことをしてあげているでしょうか。どれだけ心の悩みをわかってあげているでしょうか。

いえ、ちょっと言い過ぎたかもしれません。あなたは母親として、きっと、十分なことを、精いっぱい、してあげているはずです。この手紙をここまで熱心におよみいただいていることが何よりの証拠です。

けれどもわたしは、長いあいだ、塾の経営をしてきましたから、よくわかるのです。 普段は心の底から子どものことを愛し、まるでやさしい女神のよう。 けれども、それが勉強のこととなると、世のお母さんたちは、とても厳しく、時にはとても冷たい。わたしにはそう思えてなりません。

あなたのお子さんは、どのタイプに当てはまりますか。
本当に能力が低いのでしょうか。

世の中を見てみると、本当にいろんなタイプの人がいますね。
勉強や仕事の成果という観点から見てみると、つぎの4つのタイプに分けられると思いませんか。

  (1) 実力もあり運もあり、いつも満足のいく成果を得る人。
  (2) 特別な努力をしている様子はないけれども、なぜか結果を出す人。
  (3) 努力はするけれども、なかなか報われない人。
  (4) やる気に乏しく、結果も出せない人。

お子さんを見ていて、あなたはどう思われますか。
あなたのお子様はどれに当てはまりますか。

このような質問をすると、いちばん多い答えが(3)なのです。
つまり、ほとんどの親は、自分の子を見ていて 「けっしてやる気がないわけじゃない。能力が低いわけでもない。何かきっかけがあれば・・・」 と思っているのです。

それはけっして親バカではありません。
親として当然の正しい見方です。

第一、自分の子どもの能力を親が信じてあげないで、いったいほかにだれが信じてあげることができますか。

けれども、信じるだけで何も行動しないのでは、お子様を救うことはできません。親として何か、力を添えてあげなければならないのではないですか。

あなたはきっと、親として、あの手この手、そして言葉を尽くして叱り、はげまし、諭し、お子様のやる気を起こす工夫をしてきたことでしょう。けれども、やる気を出させるために、叱る、励ますなどの、気持ちに訴えるだけのやり方には限界があります。それはいつしか中身のない精神論になってしまいます。

お子様が勉強に行きづまったとき、あなたは自分の時間を投げ出して、いっしょに解決方法を考えてあげていますか。

お子様がなかなか勉強しようとしないとき、または、ほとんど何も書いていない、20点くらいの答案を見たとき、

「本当にやる気があるの」
「なんでこんなに勉強が嫌いなの」

こう言って、お子様を無意味に責めてはいないでしょうか。

そんなときは冷静になって、お子様の気持ちを考えてみてください。
お子様だって思っています。

「なんでぼくはこうなんだろう・・・」

それは本当にお子様の責任ですか。まだあどけない、15歳のお子様の責任なのでしょうか。

勉強が嫌いに見えても、本当は悩んでいます。「なんでぼくはできないんだろう」 「ぼくはずっとこのままなのかな」

あなたのお子様は勉強で何か壁に当たったとき、どうしたらいいかわからずに、「ぼくってダメな人間なのかも・・・」 とずっと悩んできたかもしれません。

そのことに親として少しでも責任を感じ、いっしょに解決してあげようという気もちを持ったことがあるでしょうか。

わたしはいつも思います。むしろ、「もういいや」 そう言って投げ出してしまったほうがお子様にとっては幸運なのかもしれません。ところが・・・

親や教師の 「本気を出せば絶対にできる」 などという、主観的で無責任な言葉を真に受けて、決して成果の出ない間違ったやり方で苦しみながら勉強を続ける子ども。

このようになってしまったほうがよほど悲劇的です。そんな子は実はとてもたくさんいます。 それを、本人すら気づいていないところに悲劇があります。

あなたのお子様はどうでしょうか。気づいてあげるのは、あなたしかいません。もしも あなたのお子様が訳もわからずに苦しんでいるとしたら、今すぐ手を差し伸べてあげて欲しいのです。

「よーし、これならできる」
方法がわかったとき、可能性が見えたときこそ、
子どもたちは本当にやる気を出すのです。

「ぼくってダメなのかも…」と悩む。教室にいる子どもたちの、そんなシグナルを、わたしはすぐにキャッチすることができます。でも、日本全国には同じように悩んでいる子どもたちがたくさんいるはずなのです。

とても残念ですが、遠く離れているその子たちに、わたしは何もしてあげられません。

「みんな悩んでいる」 ということはとてもよくわかります。わかっているけど、なにもしてあげられない。それがとてもつらかったのです。

でもあるとき、あるアイディアを思いつきました。

わたしの23年間の指導方法の集大成を、ノウハウとしてまとめてみたらどうだろう?
わたしの塾に来られない子どもたちに読んでもらったら、どうなるだろう?

「ぼくってダメなのかも…」 と悩む日本中の子どもたちに、

「そうじゃないんだ」 「いろんな方法があるんだよ」 「今まで知らなかっただけなんだよ 」

ということを伝え、勇気を出してチャレンジしてほしい。そんな気持ちを込めて、わたしは2カ月のあいだ、食事も睡眠もそこそこに、一生懸命書きつづりました。

それをあなたにご覧いただきます。こちらです。どうぞ、軽い気持ちや興味本位ではなく、あなたのお子様と運命の出会いになるかもしれないということを忘れずに、この先も真剣にご覧ください。

「わずか75日で完成! 
公立高校入試合格マニュアル」
学習進度には個人差があります。
ほかの学習書には見られない、
こんな特徴があります。
  1. 小学校高学年から中学校のお子様の心理を研究し、「やる気」を刺激する文体で書かれています。
  2. 小学校高学年から中学生のお子様にとって最も読みやすい文字サイズと行間を追求しました。
  3. うまい学習方法、まずい学習方法の事例がたくさん載っています。ノートや答案をどのように書くと成果が出るか、ひと目でわかります。
  4. わかりやすい画面と著者谷澤の音声で作られたビデオアドバイスを、入試直前期に定期的にメールで配信します。
  5. 一度配信されたビデオアドバイスは、お子様が高校入試を終えるまで何度でも見ることができます。ですから、早い時期に購入されるほうがお得になります。

ほかにもまだまだお子様をやる気にさせる工夫が入っています。

勉強がやる気になれないことで悩んでいるお子様に、ありきたりな励まし一時的な励ましは、通用しません。

このマニュアルは、発売以来、多くの方に買っていただきました。そして、 「合格後の感想文」を紹介したように、その効果も実証されました。だから、あなたのお子様にもきっとお役に立つと思います。

多くのお子様にとって、「本気で勉強したい。でもどうすればいいのかわからない」というのが、やる気になれないいちばんの原因です。

だから、本当にやる気を出させるには、「正しいやり方」を教えてあげることがいちばんなのです。「そっか、そうやればいいのか」「これならぼくにもできるぞ」 「早く試してみたい」 と感じさせてあげることがいちばんなのです。

正しい勉強のやり方がつかめずに立ち往生しているお子様に、簡単なところから1つ1つ確実に身に付けてもらおう。そして、最後は、「できる子」たちと同じやり方を身に付けてもらい、努力に比例して点が上がるようになってもらおう。

そのような方針で、とても緻密な編集が加えられています。

やがて来る高校入試、あなたのお子さんを合格させましょう。
合格発表の日、きっとお子さんは、今まででいちばんの笑顔であなたに言ってくれるはずです。

「合格したよ。お母さんありがとう。
ほんとにありがとう!」

まず子どもに机に向かわせるのにひと苦労。
でも、本当の苦労はその先にあります。

あなたはきっと、

「うちの子だって、やればできるはずだ」
「せめて1日2時間でも、毎日机に向かってくれないかな」

と、毎日毎日一生懸命気を揉んでおられることでしょう。

けれども、おそらくあなたは、的外れの心配をしています。

子どもがなかなかやる気を出して机に向かわないのは大きな問題です。けれども、それ以上に問題なのは、見かけは確かに勉強しているようでも、それは本当に「成果の出る正しいやり方でやっているのかどうか」ということです。

わたしは23年もの間、個別指導という方法を通じて、たくさんの子どもの勉強する姿を見てきました。ですので、成果の出る正しいやり方で勉強する子と、全く効果の出ないダメなやり方で勉強する子がいるということが、はっきりわかります。

中には“勉強” などと呼べないことをやっている子もいます。

あなたは、お子さんのそんな姿を見ていません。だから、仮にお子さんが3時間も机に向かったとすると、その中身のことまでは考えず、「よしよし、いいぞ」と、思ってしまいます。

「絶対に合格する」と思っていた子が、
なぜか不合格
になってしまいました。

わたしは今でこそ、個別指導歴23年のベテラン塾長になりましたので、子どもたちの「まずい勉強」というのがとてもよくわかります。けれども塾を始めて間もない頃は、それがなかなかわかりませんでした。

とても一生懸命勉強するので、

「この子は絶対に成績が上がる。そして絶対に第一志望校に合格する」

そのように思っていた子が、何故か成績が上がらず、志望校にも不合格になってしまった。そんなことがよくありました。

けれども、「なぜだろう」 と思いながら、子どもたちの勉強する様子をよく見ていると、

「なるほどそうか、こんなことをしているから成績が上がらないのだ」

と、不合格になる子たちの”共通点”がわかるようになってきました。

「合格する学習方法」 をやる前に、
「不合格になる学習方法」やめること
必要だったのです。

そこでわたしは、子どもたちに「正しいやり方」を教える前に「ダメなやり方」をやめさせることが必要だと考えました。そして、 「やってはいけない学習方法」 「不合格になる子の学習方法」 と、わざと厳しい言葉を使って、

「そんなやり方をしてはいけないよ」
「君は一生懸命やってるつもりだけど、全然勉強になっていないよ」

そのように言い続けてきました。

するとやがて、子どもたちは 「不合格になる子の学習方法」 というものはどんなものか、わかるようになってきました。そして、わたしが英文法や、数学の解き方や、理科の電流と電圧の関係などを細かく教えなくても、まずい勉強のやり方をきっぱりやめただけで、成績はどんどん上がっていきました。

なにか新しいことを「始める」よりも、「悪いくせ」や、「まずいパターン」を 「きっぱりとやめる」ことのほうが、何倍も大切だということがよくわかりました。

それが中途半端なままでは、どんなにいいことを教えてもらっても、いま抱えている 「悪いくせ」 と交ざり合ってしまい、いつまでたっても 「いいやり方」 が身につきません。では以下では「頑張ったのに不合格になってしまう子達」の"共通点"を見ていきましょう。

とてもていねいにノートを書く。実は、これも 「不合格になる学習方法」 なのです。

それでは、「やってはいけない学習方法」 「不合格になる子の学習方法」、つまり「頑張ったのに不合格になる子の”共通点”」とは、どんなものでしょうか。

その一部をここでお話しますので、あなたのお子さんがそのように陥っていないか、ちょっと考えてみてください。

不合格になる子の学習方法(=絶対にやってはいけない学習方法)。それには、たとえば、このようなものがあります。

1.「このくらいのことは暗算でできる」 とタカをくくって、途中の計算を書かない。

どんなに簡単な問題に見えても途中の計算を省略してはいけません。 「だって簡単じゃないか」 と、子どもは言います。

でも、今のその問題は簡単かもしれませんが、やがて学年が進み、難しい計算問題がどんどん出てきます。

そうなったとき、「途中の計算を書かない」 という悪いくせがついたまま、どんどん数学の成績が下がっていきます。

2.英文の訳を書くとき、文法を考えない。単語の意味や教科書のイラストから適当に想像して書く。

英文の 「意味」 さえ合っていればいいと思っている子がたくさんいます。

意味だけなら、単語と教科書のイラストやストーリー展開から、“カン”や“予想”で当たってしまうことがあります。

あなたもよくご存知と思いますが、子どもって本当に“カン”がいいですから。こんな勉強方法はすぐにやめなければなりません。いえ、これは勉強などとは言えません。

でも多くのお子様がやっているのです。あなたのお子様もやっているかもしれません。

3.椅子にもたれて、背中を丸めながら勉強する。

「だって、ぼくはこれで集中できる。このほうが集中できる」 本人はそのように言います。

言い訳ではなく、本気でそう思っている子もいます。

けれども 「あと3分でこの爆弾が爆発する。そうするとみんなが死んでしまう」 というときに、うしろにもたれて背中を丸めた姿勢で、爆弾の除去作業をする人がいるでしょうか。

このような姿勢で勉強していては、考えるために脳が必要とする酸素を効率よく運ぶのを妨げることになり集中力は下がります。

4.解説の文をすべてそのまま書き写す。

このような勉強をする子は、とても厄介です。

なぜかというと、本人は一生懸命やっているつもりだからです。

でも、一生懸命やっているのは 「書き写す」 という 「作業」 です。勉強ではありません。一生懸命書き写している間、頭は完全に休んでしまっています。

5.学校の授業で、とてもていねいにノートに書き写す。カラーペンをたくさん使って、まるで趣味のようにとてもきれいなノートを書く。

先生が黒板に書いたことを ノートに書き写す という「作業」に夢中で、理解することには意識がいっていません。それだけでは全然勉強にはならないのです。

ですが、お父さんや、お母さんや、普通の人が見ると、とてもきれいにノートとっているので、本当によく勉強しているように見えてしまいます。

けれども、私のように、長い間子どもたちの勉強の様子と入試の結果を見てきた人間の目をごまかすことはできません。そのやり方では、けっして成績は上がりません。

ほかにも、まだまだ不合格になる子の学習方法(=絶対にやっていけない学習方法。頑張ったのに不合格になる子の”共通点”)は、たくさんあります。

それは、このマニュアルに詳しく書いてあります。お子様がそのページを読んで、「これから十分気をつけよう」と決心しただけでも、きっと、成績が上がり出します。

子どもを机に向かわせるだけでもたいへんなのに、「正しいやり方で勉強させる」 なんて、ふつうの主婦には無理です。

成績の上がらない子は、知らず知らずのうちに 『不合格になる学習方法』 をやってしまいます。

だから、あなたは、

「まずいやり方になってしまったら、すぐに元に戻してやり直さなければならないんだよ」

と、お子さんにいつも言ってあげなければなりません。

けれども、そのようなことがあなたにできるでしょうか。主婦として毎日忙しいあなたには、それはとても難しいのではないでしょうか。

それではあなたのお子さんの学校の先生や、塾の先生がそれをやってくれるでしょうか。 …いえ、できないと思います。

なぜかと言うと、学校の先生も、塾の先生も、いちばん大事な仕事は、 「良い授業をやること」 だからです。

学校や塾の教室が先生たちの主戦場であり、あなたのお子さんが家に帰った後のことまで、責任も関心もありません。

そこで、わたしが力を貸してあげたいのです。

このマニュアルの中身をほんの少しだけお教えします。

わたしはあなたのお子様に、「いいやり方」と「まずいやり方」をわからせてあげる自信があります。

わたしのように 「教えること」 よりも 「子どもの勉強する姿を見ること」 を徹底的にやってきた塾教師、そのために教室の設計まで変えてきた塾教師は、「日本広し」 と言えども非常に珍しいと思います。

そんなわたしが、23年間個別指導専門の塾をやりながら見てきたたくさんの子どもたち。
その中でうまくいった子、うまくいかなかった子の勉強のやり方をつぶさに観察して、その経過と結果を、わたしは一冊のマニュアルに凝縮しました。

これだけのことを子どもに教えるために、わたしは地元の塾では30,000円から40,000円の月額授業料をいただいています。年間では、夏期講習や冬期講習の受講料も入れると数十万円になります。

その十分の一にも満たない代金で、あなたはその内容を手に入れることができます。

それではこれから、わたしが書いた「わずか75日で完成!公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。)の中身をご紹介します。もちろん、順を追って、お値段のこともお話します。

お子様の可能性を信じて、どうぞこの先も真剣にお読みになってください。

まずこのマニュアルは、第Ⅰ部から第Ⅴ部までの5つのパートに分かれています。それぞれのパートに書かれている秘密の内容、そのほんの一部をご紹介します。

お子様の心を“ぐっ”とつかみ、
「ぼくも真剣に考えなきゃ・・・」と、マニュアルに引き込む
第Ⅰ部  「不合格になる人の学習方法」

もう23年も個別指導専門の塾長をやっているわたしには、生徒ひとりひとりの勉強のやり方がよく見えるのです。そしてやがて入試で合格・不合格の結果が出ます。

その時、ひとりひとりが今までやってきた勉強方法と合格・不合格の結果を照らし合わせると、どんなやり方をしてきた子が合格して、どんなやり方の子が不合格になるかというのがとてもよくわかるのです。

それを23年間も見てきましたから、すごく成績が伸びて1ランク、時には2ランクも上の高校に合格する子の特徴、反対に、すごくがんばったのに不合格になる子の特徴が、本当によくわかるのです。

不合格になる子たちは、なぜそんなやり方でやってしまうのか。そして自分は本当に大丈夫なのか。それをあなたのお子様にいっしょに考えていただきます。

そこから、不合格にならない学習方法、つまり合格する学習方法とはどんなものか、なぜ合格するのか、なぜ不合格になるのか、どうすれば成績が上がるのか。そのことを真剣に考えていただきます。

第Ⅰ部 「不合格になる人の学習方法」のサンプルページ
勉強なんて頭の中の作業なのだから、じっとしたままでできる?
そんなお子様のカン違いを吹っ飛ばす。
第Ⅱ部
「できる人は行動力がちがう
学力アップに絶対に必要なこと」

あなたのお子様は 「勉強する」 という行為を、どれだけ分解して考えることができるでしょうか。おそらく、まったく意識したことのないまま、ただ闇雲に机に向かっておられるのではないでしょうか。

まず○○する。 それができたらつぎに□□する。 それができたら△△する。 いくら○○と□□がよくできても、△△ができなければなんにもならない。

こんな厳しい自己吟味をしているお子様はほんのひとにぎりです。そう、逆に言うと、ほんのひとにぎりの子たちは、それができています。その子たちこそ 「トップクラス」 と言われる子たちです。

ここでは、勉強するという行為を4つに分解して、そのひとつひとつを確実に達成していけば必ず成績が上がる。けれどもたったひとつでもおろそかにしてしまったら、どんなに一生懸命にやっても決して成績は上がらない。

そんな心構えをお子様に持っていただきます。

第Ⅱ部 「できる人は行動力がちがう。学力アップに必要なこと」のサンプルページ
成績の上がらない子は、意味のないことに時間をかけている。それに気づかせ、効率の良い勉強法を身につける。
第Ⅲ部 「英数国の勉強方法」

英語、数学、国語が得意な子は、力の入れどころがわかっているのです。一方苦手な子は、それがわかっていません。

英数国を勉強するときに必ず押さえなければならない大切なポイント、高得点をとる子は例外なく押さえている大切なポイント、これに気づいて実行するだけで、この3科目が得意科目に変わる、そんなポイントをわかりやすくていねいに説明します。

また、成果が上がる学習をしていた子、成果の上がらない学習をしていた子、それぞれの学習方法の実例を見せて、どのようなノートの書き方をすると成果が出るのか、お子様に実感していただきます。

第Ⅲ部 「英数国の勉強方法」のサンプルページ
やった分だけ得点につながる理科・社会。 それがわかっているのに、子どもたちはなぜ根気が続かないのか。
第Ⅳ部 「右脳を使う理科・社会の学習方法」

理科・社会は、正しい学習方法で十分な量の学習をすれば、確実に成績が上がります。けれどもやるべきことが多くて根気で負けてしまうお子様が多いのが現状です。

しかし「根気!根気!」と尻をたたくのはもう一昔前のこと。いまは、脳の働きを最大限に引き出す新しい学習方法で、短期間に常識では考えられない成果を出す。そんな学習方法をお子様に身に着けていただきます。

第Ⅳ部 「右脳を使う理科・社会の学習方法」のサンプルページ
15歳なんてほんの子ども。それゆえに気づいていない能率アップのポイントを教える。
第Ⅴ部 「知らずにいたら大損だった」

「模擬テストの成績が悪い」 あなたのお子様はそう言って悩んでいませんか。実はそれで悩む必要はないのです。

模擬テストで高得点をとっても、たいていはそのときの自己満足に終わるだけ。それよりももっと大切な模擬テストの役割があります。

そのほかにも、集中力をアップするため、能率をアップするために心がけたいこと。当たり前のことなのに、子どもであるがゆえにまったく気づかずにいる、子どもであるがゆえにめんどうくさがって無視している。そんなところを、わたしがあなたに成り代わって厳しく言い聞かせます。

「うちの子、先生の言うことはよく聞きます」 なんていうお礼のメールもいただきます。お会いしたこともないのに不思議な感じです。でも、とても、うれしいです!

第Ⅴ部 「知らずにいたら大損だった」のサンプルページ

つぎに、このマニュアルを手にしたあなたのお子様は、何を知ることができ、どのように変わるのか、そのほんの一部をご紹介します。

23年間個別指導専門の学習塾を経営し、多くの子どもたちをワンランク上の高校合格に導いてきた、「合格する子の学習方法」
23年間の個別指導で築き上げた、数々の秘密の学習方法。
そのほんの一部だけを紹介すると・・・
  • 静かに少しずつやる気が高まり、気がつくとあっという間に3時間勉強している「後方45度集中法」 とは。
  • まさに芋づる式。一つの重要語句に続いて重要語句が次から次へと浮かぶ、暗記科目に最高の威力を発揮する 「神経加速伝達記憶想起法」 とは。
  • こんな単純なことだったのか。1日5個ずつ、1ヶ月で150個、3ヶ月で450個の単語が無理なく覚えられる、「分割アサインメント単語暗記法」 とは。
  • 単語はわかるけど長文の意味がつかめない。こんな人は、単に英語の文の見方が間違っているだけ。英文を正しく見ることができるようになり、今まで長文で悩んでいた自分がかわいく思えるほど読めるようになる 「前置詞接続詞征服長文読解法」とは。
  • 書くほどに脳が活性化し 「ぼくは天才か」 と錯覚してしまう、「33分33秒の法則」 とは。
「こんなことをしたら絶対に成績はが上がらない」 「まったくの逆効果」 そんなこともたくさんあります。なぜがんばっているのに成績が伸びないの。伸びない生徒は実はこんなことしているのです。その一部を紹介すると・・・
  • これをやってしまうから勉強がつながっていかない。せっかく勉強したのにこれをやってしまったためにすべてが水の泡。その 「これ」 とは。
  • 解説を読んでも読んでもわからない。それもそのはず、あることに気をつけるだけでいいのに、それを知らないだけ。その 「あること」 とは。
  • 単語が覚えられない。すぐに忘れてしまう。そんな人は単語の勉強をただの手の運動とカン違いしています。勉強は頭を使うもの。もっと頭を使って単語の練習をしよう。じゃあ、単語練習で頭を使うとは・・・
  • 計算を書くことがなぜそんなに大切なのか、本当は誰も知らない。計算は答えを出すために必要なのではない。計算は・・・。
  • もしも苦手になってしまったら、気にしないのがいちばん。無視してやらないほうがいい。放っておいたほうがいい。そんな数学の単元があります。それは・・・

さらにもうひとつ。

「受験指導」というせまい範囲の中で語っているだけではありません。思春期、成長期というむずかしい時期の心理を踏まえながら語っています。

子どものことを思うお母様ならだれでも感じていることと思いますが、やり方をただ説明したってすぐに子どもたちがやってくれるとは限りません。むしろやらない可能性のほうが高いかもしれません。

そこでこのマニュアルは、なぜ、子どもたちは実行しないかということをあらゆる角度から見極め、最小単位に分解して「これならできる」という心理状態にさせるように書かれています。

「子ども」という愛すべき小動物の特性。その一部を見てみると・・・
  • 子どもは、感覚が優位な小動物。だから感覚を言葉にすることができない。
  • 木を見て森を見ない。それが子どもというもの。そんな子どもにもっと全体を見ることを教えたら、いったい何が起きたのか・・・。
  • 目の前のことに心を奪われるのが子ども。解決方法を先回りして見つけるなんていうことはできない。でもそれを身につけたときその子は・・・。
  • やるべきことを自分の力に合わせて選択することができない。これができたその瞬間、入試の悩みの半分は解決する。
  • 楽しみながら勉強するというのが、いつのまにかお遊びに変わってしまう。そんな子に一喝を与え、真剣になればなるほど勉強は楽しくなることを教えるには・・・。

まだまだあります。

右脳左脳は別々の働きを持っている。

このことは今ではほとんどの人が知っています。けれどもこんな重要なことを受験勉強に使っているお子様はほとんどいません。またこれを知っていて、教え子に実践している指導者もいません。

受験勉強で右脳と左脳をうまく使い分けるとはどういうことか。その一部を紹介すると・・・
  • 一つ一つの事柄をあいまいさを除いてしっかり理解すること。このときに使うのは・・・。
  • 広範囲の事柄を全体のバランスを見ながら覚えておき、必要に応じて瞬時に思い出す。このときに使うのは・・・。
  • 右脳を活性化させ、一枚の絵を見るようにくっきりと頭に印象付ける。問題を読んだ瞬間、目の前に画面が現われたように答えをイメージすることができる。その方法とは。
  • 勉強には記憶と想起の両方が必要。記憶したことが次々と思い出されるだけでなく、自然のアイディアも止まらなくなる脳をつくる 「ブレインダンプメソッド」 とは。
  • 成績アップとは、「子ども」 という右脳優位の生き物に、左脳を使うことを覚えさせるプロセスなのだ。右脳優位から右脳と左脳をバランスよく使える子になる方法は。
よく働く右脳にふたをして、左脳を酷使させる。大人と同じ思考方法を強いる。それが今の学校教育です。

「右脳と左脳は別々の働きをもっている」

これは、今では誰もがどこかで聞いていることでしょう。けれどもこれを子どもたちの受験指導に応用している実践者は多くはいません。

けれども、実際は 「この子は勉強ができない」 と言われている多くの子どもは、今の教育関係者が作った教育カリキュラムや、「教科書と黒板でみんなでいっしょに先生の話を聞く」 という、決められたやり方の中で、本来の力を発揮できないだけなのです。

いえ、「できない子」 だけでなく、すべての子どもは、根本的に 「脳のはたらきかた」 が、大人とは違うのです。そんな子どもたちに、「できる大人」 が勝手に考えた思考方法で勉強を強いる。それが今の学校教育です。これでは 「できない子」 が量産されるのは当たり前だし、「できる」 と言われている子も、本当はもっとできるようなるのかもしれません。

私は早くから、子どもたちの右脳の働きが優れていることに注目していました。

言葉や論理、数式を考えるのが左脳。それに対してイメージ、時間、空間、リズム、全体像などを認識するのが右脳。子どもは右脳が優位に働く生き物なんです。これを受験勉強に生かす方法があるのです。

子どもの自由闊達な感性を開放してあげましょう。封じ込められていた感性が一気に飛び出して、信じられない結果が表れます。

ではここで、わたしが自分の塾の生徒たちに教え、もっとも成果のあった方法、この方法を身に付けるだけで公立高校入試でワンランク上の高校に合格できる可能性がぐっと高くなる方法を、あなたとあなたのお子様に特別に公開します。 お子様をおとなりに呼んで、いっしょにごらんください。

これらはすべてわたしの塾で、上位の高校に合格した生徒、成績が伸びて当初の予定よりも上の高校に合格した生徒、学校の先生に 「志望校を変えたほうがいい」 と言われたのに合格した生徒が書いた実物です。

これをお子様に見せて、「ちょっとまねをしてごらん」 と言うだけで驚くほど成績が上がるかもしれません。 カンのいいお子様なら、これを見ただけで要領をつかみ、瞬時にマスターしてしまうかもしれません。

まずは社会(歴史)の「天下統一」です。冒頭でも紹介しました。
もう一度じっくり見てください。

つぎは 「日清・日露戦争」です。経緯がすごくよくわかる。
「土地と農業の流れ」をまとめると・・・
「日本の平野」を覚えるには・・・
入試に出る「九州地方」のポイントをまとめると・・・
理科です。「天気の変化」をまとめると・・・
つぎは英語。文法の要点をまとめました。
数学の難問解法をマスターするには・・・
うまい!自分の苦手な漢字の部首を一枚の紙にまとまています。

なぜ、多くのお子様がこの勉強方法で成果を出すことができたのか。それには明確な根拠があります。一緒に考えてみてください。

なぜこのやり方がそんなに効果があるのかここであなたも一緒に考えてみてください。

それは、私たちの「通常の目と頭の使い方」と「勉強する時の目と頭の使い方」が大きく異なるところに理由があります。

学校の勉強で、子どもたちは教科書を与えられます。教科書は8割から9割、説明文で成り立っています。横一列に連なった説明文を読むということは、執筆者が書いた順序に従って目を動かし、思考を進めなければならないということです。

それは子どもたちにとっては、「この道をまっすぐ行きなさい。絶対にそれてはいけません」と強制されているのと同じことなのです。

けれども、私たち人間は、日常の中で目の焦点を横一直線に動かしながら物事を考えるということはありません。まずはじめに目の前の景色の中心に視点を据え、そこからまわりに視線を移しながら、感じたり考えたりします。この目の動きと脳のはたらきをそのまま勉強に取り入れたのがこの方法です。

中心に書いた「天下統一」というところに意識の中心を置いて、そこから自分の意思でまわりの重要ポイントに目を移し、理解と記憶を強化していきます。

さらに詳しく説明しますので、以下をクリックしてご覧ください。


このノート法には、なぜそんなに効果があるのか?


※マニュアルを購入されたお子様にお送りしている「お子様向けビデオアドバイス」の一部です。

子どもは、大人が思うよりもはるかに感性が豊かで、直感的な理解と記憶に優れています。

そして、毎日元気に遊び、活動し、5感を使ってさまざまなことを体いっぱいに感じ取りながら生きています。 けれども反面、言葉の能力が発展途上なので、文章を読みこんで理解をしたり記憶をしたりするということには限界があります。

今私たちはそんな子どもたちに無理やり分厚い教科書を与え、おもしろくもない先生の話を聞かせるという、言葉に頼った学習を強いています。そしてそれをちゃんとやらないとテストで点が取れないようにする。まるで拷問のようなものです。

わたしは子どもたちがそうして苦しんでいるのを長年見てきました。そして、何かいい方法はないかといつも悩んできました。そして行き着いたのがこの方法です。

よく働く右脳を無視してまだまだ発展途上の左脳を酷使する。それが今の通常の教え方であり、子どもたちがやっている学習方法です。それを左脳の負担を抑えて、元気な右脳を全開にする学習方法がこれです。

もしもあなたのお子様が、「ぼくの力はこれで限界かも知れない」と思っているとしたら、いますぐ、救ってあげましょう。

ここまでお読みになっていかがでしょうか。こんな方法もあるのだと言うことを、あなたは、30分前には全く知らなかったと思います。

「わずか75日で完成!公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。)には、ここで紹介する以外にも、まだまだ一般には知られていないさまざまなウルトラC級の学習方を紹介しています。

いえ、たとえウルトラCなんてなくても、「勉強」というものは

・どんどん分解して、最小単位にまでしてしまい、
・その一つ一つにどんな意味が含まれているかをよく考えて、
・それを自分はどうやったら実行できるかをまたよく考えて、
・「できる」と思うものから、一つ一つ実行し、モノにしていく。

このようにしたら、ワンランク上の高校に合格する力なんて簡単に身につけることが
できます。

何でこんな大切なことを、学校や塾では教えてくれないの? と、あなたは悔しがるかもしれません。けれども、それは当然です。

あなたはきっと疑問に思うことでしょう。

「 こんな大切なことを、なんで塾では教えてくれないのかな」

それは簡単なことです。
塾の先生にはそんなことは、関心の対象外だからです。

学校や、一般的な塾の先生にとっては、自分の教科の知識を増やし、教え方(トーク)の技術を高めるのが最大の関心事なのです。だから、肝心の子どもたちのほうではなく、自分の教え方のほうにいちばん意識が向いているのです。

「どんな言葉で説明したらいいだろうか」
「黒板にはどんなことを書けば理解してくれるか」
「ここで質問が出たら何と答えたらいいか」
「わたしの説明をみんなちゃんと聞いているのかな。一生懸命説明しているのに」

自分が教師としてのジョブをまっとうできているかということばかりが気になって、
子どもがかかえているさまざまな悩みにまで、頭が回らなくなります。

わたしもかつてはそうでした。

「今大事なところなんだから、ちゃんと聞いてくれよな」

まじめに話を聞かない生徒に対して、そう腹を立てたこともありました。
その子が抱えている悩みも知らずに・・・

子どもの勉強する姿を見続ける。
すると、「良い授業をやること」 よりもずっと大切なことに、たくさん気づきます。

けれどもわたしは、心底子どものことが大好きで、23年間人を使わず、すべての子どもをわたしひとりで教えてきました。それで、多くの塾教師が陥るワナにはまらずに済みました。

子どもが集中しないとき、一旦教えることをやめて、今のその子の姿をじっと見ていると、いつもわたしは涙が出そうになりました。

「そうだったのか。今まで気づかなくて本当にごめんな・・・」

受験指導でいちばん大切なのは、教えることよりも先に、子どもの勉強する姿を見ることだったのです。

子どものことが見えなくなる。そんなむなしさに耐えかねて、わたしは塾の教室から黒板をとりはらいました。

「うまい教え方」 に気もちが行っているあいだは、子どもたちのことが見えなくなってしまいます。わたしは、教室で 子どもたちと向かい合うのではなく、子どもたちと並んで、いっしょに考えるようにしたかったのです。

そうすると見えてくるたくさんのこと。

「なるほど、この子はこんなことをしていたのか」

→だから、今までダメだったんだ。
→だから、こんなに優秀なんだ。 

そのような、子ども本人もほとんど気づいていない、勉強方法に関するたいせつなポイントを、253ページのマニュアルにまとめました。

わずか75日で完成!
公立高校入試合格マニュアル
学習進度には個人差があります。
▼ 特典について ▼

特典のビデオアドバイスは、インターネット上で視聴して頂けます。(主に入試直前期にメールにて配信します。スマートフォン、タブレット端末での視聴も可。)DVDはお手元には届きませんので予めご了承ください。

※ビデオアドバイスの配信メールが届かない方が極まれにいらっしゃるため、視聴のための動画URL一覧は、商品と一緒に印刷物でもお届けしますのでご安心ください。
▼ 全額返金保証について ▼

また、ご購入後にお役に立たなければご返金いたしますので、ご安心の上お申し込みください。

販売価格 19,800円(消費税別)
ヤマト運輸の代金引換便にてお届けします。
送料(全国一律)800円、代引き手数料400円を、
別途加算させていただきます。(諸経費はすべて税込)
限定80部の追加販売です。
お早めにお申し込みください。
<お知らせ>

1月4日(水) 予定数販売を終了いたしました。

完売直後わずかの差でご購入できなかった方々には、本当に申し訳ございませんでした。

当初の予定では、このマニュアル販売はこの完売をもって終了する予定でおりました。

しかしながら、完売後も多くの方から販売依頼やお問い合わせをいただきました。
いよいよ高校入試まで残りわずかとなった中3のお子様、日ごろ学習方法のことでお悩みの中1、中2のお子様、学習意欲の高い小学生のお子様、また、資格試験にチャレンジされる社会人の方などから、「何とか今から購入できないか」というお問い合わせを、本当に多数いただきました。

以上の状況から、まだまだ多くの方々が当マニュアルを必要としてくださることを知り、もう一度、追加製作、販売を行うことに致しました。

追加販売の内容についてお知らせいたします。

このマニュアル販売で大きな収益を見込んではいません。けれども、売れ残りによる赤字計上は絶対に避けたいと思っています。そこで販売は80部限定とさせていただきます。

私どもは本業の学習塾経営で十分な利益を得ていますので、このマニュアル販売では、さほど多くの利益を見込んでいません。しかし、そうすると逆に、万が一売れ残りが出たときには大きな損失となってしまいます。そこで、販売数をできるだけ少なく設定し「絶対に売れ残りを出さない」という方針で行っています。

そのような訳で、追加分の製作、販売はいつも少数限定とさせていただきます。どうぞご理解、ご了承をいただき、必要な方はこの機会に確実にご購入くださいますようお願いいたします。

※価格については、なぜそのようなお値段になるかという理由のご説明とともに、本文中に明記してございます。このホームページをどうぞ最後までご覧いただきますよう、お願いいたいます。

<お断りとお願い>

ここであらためて、重要なお願いがございます。実は毎回販売を行うたびに、期限まぎわのわずかの間に、非常に多くの注文が来て対応しきれなくなり、お客様にご迷惑をおかけしてしまうことがあります。

販売終了期限が近づきますと、注文が一気に増え、短時間のうちに重なってしまいます。そしてほんのわずかの差でご購入できなかった方々からご不満の声が出てしまいます。販売に関する情報はこのホームページ上でできるだけ詳しくお知らせしていますが、私どもとしては、まことに申し訳ございませんが、それ以上の対処はできません。

そのような訳ですので、今回の80部の追加販売終了後は、お問い合わせ、お買い求めにはご対応を遠慮させていただきますことを、今から念を押してお願いしておきたいと思います。何とぞご了承いただきますよう、お願いいたします。

「価格を確認して慎重に検討したい」 という方は、最後までお読みになってからお申し込みください。
「このマニュアルを確実に入手したい」 という方は、今すぐお申し込みください。
*ご安心の上、お申し込みください。
 発送までに事情がお変わりになりましたら、キャンセルをお受けいたします。
 お届け後、ご希望に合わなければ、必ずご返金いたします。

本マニュアル及び商品紹介ページの著者は、私 谷澤潤ですが、マニュアルの制作・販売は提携先である(株)テンタイムズ様に委任しています。専門業者として運営に専念して頂いておりますので、ご安心の上お申し込みください。

私の塾は経営危機に陥るかもしれません。
それでも決断した理由は・・・

これを出すのに正直言ってずっと迷っていました。
なぜかというと、これを自分のところだけの秘密の指導方法にしようと思って、今まで大切に書きとめてきたのです。

子どもたちの勉強方法に関しておそらくこれほど深いところまで入り込んだものはないでしょう。 そしてこれをもとに、わたしの塾だけ合格者をどんどん出し、塾を大きくして教室も増やしていこう・・・。 このように考えていました。そのほうが経営戦略としてはずっと得だからです。

実のところ、このマニュアルはわたしの地元、新潟県では販売していません。なぜかというと、地元の有力な塾(とくに資金が豊富にある大手企業塾)にこれを入手されるのが、本当にこわいのです。そのような塾がわたしの指導方法をまねしてきたら、そしてわたしの塾の近くに教室を出してきたら、わたしは大きな危機に見舞われることでしょう。

けれども私の尊敬する先生にこのように言われました。
「塾を大きくするだけでは地域の限られた人たちにしか役に立たない。けれどもインターネットを通じて世の中に出せば、日本中の高校入試に悩む子どもや親たちが瞬時にそれを手にすることができるじゃないか。君はどうするんだ?」

私は決意しました。これを世の中に出していこうと。
それに自分だけのものにするよりも、広く世の中に出したほうが人々の意見をいただくこともできるし、これを通じてあらたな出会いがあり、よりいっそう私自身や私の塾の成長発展が見込まれると考えたからです。

やっぱり決断してよかったです。「合格しました」と、塾にお手紙をくださった方々の声。そのほんの一部をご紹介します。

私は、このマニュアル販売を決断して、心の底から 「よかった」 と思っています。本当に多くの方がこのマニュアルを手にしてくださいました。 ・・・いえ、たくさん買っていただいたから 「よかった」 のではありません。

・何らかの事情で塾に行っていない子どもたち
・学校の先生にも塾の先生にも 「無理だ」 と見放された子どもたち
・勉強のやり方がわからなくてあきらめかけていた子どもたち

そんな子たちが、このマニュアルを手にすることで光を見出し、見事に志望校に合格することができた。

高校入試が終わると、そんなご報告の手紙やメールを、本当にたくさんいただいたのです。その、ほんの一部をここでご紹介します。最初にもご紹介しましたが、まだまだたくさんいただいています。

ご紹介する言葉の数々は、ご本人とお父様お母様の心からの喜びの声であると同時に、これから高校入試を迎えるあなたのお子様へのエールでもあります。あなたがこのマニュアルを購入される、されないにかかわらず、きっと勇気づけられると思います。また、このサイトをお気に入りに登録され、どうぞあとでお子様にも読ませてあげてください。

※プライバシー保護のため、お名前は仮名とさせていただいております。けれども、写真とお手紙はすべてご本人たちか  ら送っていただいた生のお声です。

学習方法の効果には個人差があります。
このマニュアルで、人生が変わった!
松澤 眞君(千葉県)
眞君の感想
僕は希望していた高校に合格することができました。谷澤先生ありがとうございます。僕はこの谷沢塾のマニュアルの中にあった※※※※のおかげで合格できたのだと思います。とくに、苦手だった社会は※※※※のちからを借りて得意になれました。それに、メールアドバイスももらえてとても心強かったです。谷沢塾のマニュアルだけでは、よく解らないところがメールアドバイスで解ったり、受験当日の心がまえなども指導していただきとても助かりました。僕はこの谷沢塾のマニュアルに出会えて人生が変わったと思います。今まではただノートに字を書いていただけなんだと気付きました。これからも、このマニュアルを何度も読んでもっと自分の力を出していきたいと思います。本当にありがとうございました。
お母様のご感想
「もーイヤ!私が゛勉強゛って言っただけであの子すごい顔でにらんで八つ当たりよ!言われたくなかったら自分からやればいいのに…。」毎日こんな調子でした。ある日「これ買ってみた…」インターネットの画面を主人に見せられました。え…?これってあやしい…?大丈夫なの?谷澤先生ごめんなさい。私は谷沢塾のマニュアルが届くまで、ずっとうたがっていました。数日後、マニュアルはちゃんと届きました。ぶ厚いファイル。息子の嫌いな活字が沢山…。「読めるかな」「見ただけで嫌にならないかな」とりあえず詠み始めてみると、「へ~なんだか面白い」「これ、おもしろいよ。きいてて。」と、主人と息子をすわらせ、私は読み始めました。お?息子も興味ありげな様子…?そして…「それ、俺に買ってくれたんでしょ。部屋で読んでくる。」と言って、部屋にこもること1時間…。10分の読書もままならなかった息子が…です!!これはいけるかも…☆
不思議…。この谷沢塾のマニュアルにひき込まれるように、息子は徐々に勉強に前向きになっていきました。毎日くり返し読んでマインドマップの書き方を覚えると、いちばん苦手だった社会の成績がみるみる上がっていきました。得意教科も応用問題などに進んで取り組みレベルアップして行きました。そして、「俺、今までのは勉強じゃなかった。勉強してたつもりになってただけなんだ。これでわかったよ。」そう。私もこの瞬間を待っていたのです。学習方法が分かってない息子に、うまくアドバイスも出来ず、結局「勉強したの?どれくらいしたの?」とうるさく言ってはイライラさせているだけの自分に腹を立て、何も教えてやれない無能さに落ち込む日々でしたので、息子のこの言葉で、私も救われた思いでした。やっとこの子を信じて、だまって見守る母になれる!…と。それからは、息子は自然に机に向かうようになりいつしか焦りもイライラも消えどこか余裕すら感じさせる顔つきで、落ち着いて、受験に臨めました。そして、見事、合格!!
本人が一番行きたがっていた高校です。そして今、入学式までの日々を息子は適度に遊び、予習、復習も計画的に行って、希望に満ちて生活しています。家族でがんばった75日。息子が一周りも二周りも成長した75日でした。これからも安心してこの子を見守って行けそうな気がします。この谷沢塾のマニュアルと共に…。この必勝マニュアルを、我が家の宝物として、子供たちだけでなく親の私たちも、もっともっと成長できるよう、努力していきたいと思っています。谷澤先生本当にありがとうございました。
学習方法の効果には個人差があります。
「親は、私に本当に合格してほしいんだ」と、
応援してくれていることが伝わってきました。
本間 清美さん(熊本県)
清美さんの感想
私は受験生だというのにこの谷沢塾のマニュアルを読む前は遊んだりだらだらしていました。ある日テストの点数が悪く、親にとても怒られました。その時、一冊の本のようなものを私に渡してくれました。それが谷沢塾のマニュアルとの出会いです。最初にマニュアルを見た時、「こんな分厚いものを読んでいるとかえって勉強に集中できなさそう。」と思いました。しかし、親が大切なところ、私にできていないところにふせんを貼ってくれました。そのページは筆入れの中身について書いてありました。私はノートに色を付けるのが大好きでいつ見てもカラフルです。しかし、それはまちがっているというのです。このマニュアルにはペンは赤と青しかいれないと書いてありました。親からも「そんな大きな筆入れに何を入れてるの?それは頭の悪い人がやることでしょ!」と言われ、まずは筆入れから変えました。そして勉強するときはシャーペンではなく、鉛筆を使いました。
そして、もう一つのページは机上について書いてありました。私は塾では毎日4時間ほど通っていましたが、家ではほとんど勉強していませんでした。その理由の1つは机の整理が出来ていないからだと思いました。机にはおもに雑誌や好きな芸能人のポスターをはさんだりしていました。だが、これでは集中できないと書いてあったので、泣きながらも、おもいきって雑誌もポスターも捨てました。最初は親にこの谷沢塾のマニュアルを渡されてしょうじきなんでこんな本を読まなければいけないんだろうと思いましたが、読んでいるうちに、「親は私に本当に合格してほしい人だ。」と応援してくれていることが伝わってきました。合格発表の時、親が「あった!」と先に受験番号を見つけてくれて。2人で泣きました。その感動は生まれて初めて体験しました。この谷沢塾のマニュアルのおかげで合格することができました。私には今年中2になる妹がいます。妹にも谷沢塾のマニュアルを使ってもらいたいです。本当にマニュアルに出会えてよかったです。このマニュアルを作ってくれた谷澤さん本当にありがとうございました。
お母様のご感想
無事に高校に合格することができました。ありがとうございました。昨年四月に東京から熊本へ引越し、中高一貫校に通っていた娘にとって縁のなかった高校受験という現実に心構えも、学力も身につけていなかった為、東京ではまずまずの学年順位だったのが、中3最初の実力テストでは134人中97位とショックを受けてものでした。その後の数回の模試の結果も第1志望の必由館高校のレベルにはほど遠く、塾での成果も伸び悩んでいました。親子で志望校について話しあいもしましたが、最終的には、最後まであきらめずにがんばることを約束していました。そのような時、偶然パソコンのHPで見つけたのが「谷沢塾のマニュアル」でした。取り寄せてみましたが、娘は読むのもめんどうな様子だったのでまず私が読み、どうしても読んでほしいところだけ一緒に読みました。その中で、特に娘に何度も言ってきた「筆入れ」
の中のムダなもの、キャラクターのペンなどの件については本人も私以外の人からのアドバイスだったのでしぶしぶですが受け入れてくれました。マニュアルが届いたのが、2学期末テスト前だったので期末テストの勉強に、谷沢塾のマニュアル利用してみました。結果は◎!!順位も44番と50以上UPしたのですが、その後の模試も、必由館の合格可能性は50%とギリギリのラインでした。前期試験に失敗し、ラスト1ヶ月となった時、もう声をかける事はやめて娘の事を見守るだけにしました。娘は人が変わったように、勉強に集中し、また整理整頓で家の手伝いもするようになりました。そして合格発表あまり自信がなかったのでしょう。時間もずらして親子で見に行きました。番号はすぐに私が見つけました。うれしさの余り涙があふれて親子で抱きあいました。落ちついてまわりを見ると泣いているのは私たちだけでした。
学習方法の効果には個人差があります。
「このやり方ならいける!」
と思いました。そして、
「人の言うことを聞くのも大事かも…」と思いました。
大倉 裕吏君(栃木県)
裕吏君の感想
私は人の言うことを素直に受けいれることがきらいでした。自分の考えだけでやりとおす人間でした。なので谷沢塾の「合格マニュアル」がうちに届いても、見ようとはしませんでした。しかし、独自の勉強法だけではなかなか成績が上がらず困っていた時に谷澤先生からのメールアドバイスが来ました。もちろん最初は「なんだメンドくせぇなぁ」と思いながら開いていました。すると谷澤先生の言葉からは何度も「合格マニュアル」が出てきました。私は少し気になったので、その時初めて谷沢塾のマニュアルを見ました。中を見ると、各教科の勉強方法、※※※※などがあり、これを見た私は「このやりかたならいける!よし、このマニュアルと、買ってくれた親、そしてアドバイスをくれる谷澤先生を信じてやってみよう。」と思いました。そして最終的には県立高校に合格できました。この時私は「自分の考えを持つことは良いことだと思うけど、ときには人の言うことを聞くことも大事もかも…。」と思いました。
お母様のご感想
主人と私は親としてできる限りのことを子どもにしてあげたくて自己満足のために買ったと思うことにして、息子がこのマニュアルを開くことはないと半ばあきらめ、マニュアルを息子の部屋に置きました。年が明け、私立高校の受験が始まり、息子は合格すると思っていた私立高校に不合格になり、息子の勉強に対する姿勢が変わってきました。そんな時に谷澤先生からのメールアドバイスがパソコンに届きはじめました。もうすでに県立高校入試まで40日位になっていましたが、今度は息子も親の言うことを拒否もせずにメールアドバイスを聞きはじめました。そして、谷沢塾のマニュアルを聞き※※※※を書きはじめたようです。滑り止めの私立高校を一校は確保しているとはいえ、もう後がない状況の中、息子の顔つき、目つきが、真剣になっていくのを私達は感じておりました。谷澤先生のメールアドバイスは、毎回前日の内容を復習するかのように繰り返し言っていただく事で、ポイントが頭の中にすんなりと入っていったようです。息子は「オレも新潟のこの塾に行きたい!」と受験前には言っていました。塾の先生、友達、学校の先生、友達、そして谷澤先生、すべての方々の後押しがあって、現在があると思います。今後も谷澤先生のアドバイスを心に留め、高校生活を送ってほしいと思っています。どうもありがとうございました。
学習方法の効果には個人差があります。
何度も助けられ、何度も勇気付けられました。
そして、「最後まであきらめずがんばろう」と…
松尾 博之君(滋賀県)
博之君の感想
そして、マニュアルを読んでから、やっぱり※※※※はすごいなぁと思いました。社会は、僕の1番得意で好きな教科だったので、とても気楽に学べました。2つ目は、精神的に不安になった時や、勉強で失敗した時に、このマニュアルに助けれました。このマニュアルには、何度も助けられ、何度も勇気づけられました。そして「最後まであきらめずがんばろう」と希望を持つことができました。僕は、谷沢塾のマニュアルを手にできて幸せだと思いました。もし、この谷沢塾のマニュアルに出会っていなかったらと考えると、想像もつきません。そしてこのマニュアルを作成してくださった、谷澤先生に、本当に感謝しています。僕は、高校もがんばります!!
お父様のご感想
マニュアルをお送り頂いた時から、今日合格にいたるまで細かくご指導賜り有難うございました。高校受験についてはほとんど何も助言等してこなかった私にとって、息子が志望校の選択で迷っていることを知り、何とか望みを実現するのに参考になることはないかと、何気なくインターネットを見てみいて貴塾のこと、谷沢塾のマニュアルのことを知りました。マニュアルが実際相当役にた立ったことは息子が感想にも書いておりますが、勉強に対する我流のやり方の見直し、得意なものをさらに伸ばすやり方、限られた時間をどう使うか、最後まであきらめない、など受験や勉強に対する基本的な教えにたくさん気づかされました。どれも当たり前で判ったつもりでいることが多いものばかりです。また谷沢塾のマニュアルとともに、メールで送ってくださる温かい先生の声のアドバイスが大きな精神的支えになったことは間違いありません。最後まで自分の希望を掲げ、高校受験に合格し、同時に大学受験のスタートラインにつこうとしている息子にエールを送るとともに次なる目標の成功に向かって頑張ってほしいと思っています。今日は恥ずかしながら幼稚園から今まで出たことのなかった「入学式」に初めて、妻とともに参列いたしました。非常にうれしかったです。本当に有難うございました。余談ですが受験についての先生のアドバイスは、不思議ですが私にとって会社経営についてのアドバイスのようにも聞こえてきます。今後も最後まであきらめず、頑張る受験生の味方であり続けてください。貴塾の今後益々のご健勝をお祈りしております。
学習方法の効果には個人差があります。
実行したらみるみる点数が上がりました。
「谷澤先生も応援してくれているんだ」と、
嬉しかったです。
渡辺 明美さん(富山県)
明美さんの感想
私ははじめ、「このマニュアルを読んで変わるのかな?」と軽い気持ちでしっかりと読んでいませんでした。でもその後、学力が伸び悩んだときに谷沢塾のマニュアルを熟読して※※※※や※※※※を実行したら、みるみる点数が上がっていきました。また集中力が足りないときには母に「100点とったら逃してやる。1点でも落としたら首を切って殺す。」という話をされて勉強に身が入りました。その他にも、入試直前で落ち着かない時に届いたメールアドバイスは緊張が解けたし、「谷澤先生も応援してくれているんだ!」と、とても嬉しかったです。先生には本当に感謝すると共にこれからも頑張ってほしいです。そして後輩の皆さんも是非谷沢塾のマニュアルを活用して私の分まで志望校合格の喜びを味わってほしいです。私も三年後、志望校の合格報告をできるように頑張ります。
PS.最近、中学校のノート等を見返していたらノートにもマニュアルの効果があらわれていることを改めて実感しました。同じリカの教科でもこれ程変わるんだとびっくりしました。これからも、脳くんに優しいノートづくりを目指していきたいです。
お父様のご感想
中学3年生にもなると恥ずかしいのか気まずいのか父親とは面と向かって話すこともなく、部屋に閉じこもって自分の殻から出て来なかったり自分の親をけむたがりまともに接しようとしなくなる感じがありました。それも改善しようと努力しても一向に埒があかなかった時にメールアドバイスを頂きました。子供に「メールアドバイスが来ているよ」と言うことからまずコンタクトできるようになったこと、普段親が言ってもなかなか聞き入れようとしない事でも谷澤先生からアドバイス頂くと納得して聞き入れ「受験を通じて親子で一緒に乗り越えよう!」「受験(進学)をさせてくれる親に感謝しよう!」という根本的なことから改善して頂きました。この谷沢塾のマニュアルには普通の塾で教える内容とはまったく異質のことが書かれていました。ノートのとり方、授業に向かう姿勢・重要事項のまとめかた・勉強の集中の仕方等々これらはこれからの高校に進学しても必要なことだと思います。普通合格が決まった時点で気が緩んでしまうところですが、将来を見据え本人も高校に入ってからの学習を期待し、待機期間の春休みも充実して過ごしています。本当にありがとうございました。
学習方法の効果には個人差があります。
社会のテストが60点台から80点台に。
そして、
無理だと言われていた高校に合格できました。
伊藤 大介君(神奈川県)
大介君の感想
谷澤先生へこんにちは、僕は公立高校に合格したわけですけど…この高校は『お前じゃ無理』と塾の先生、学校の先生に言われていました。でも合格することができました。当日のテストでは、自分が一番苦手としていた社会が一番よくできていました。それはあの※※※※のおかげです。これは弟にも実践させています。それと、教科書にマーカー3色で線を引くという技。この技は学校の定期テストでとても役に立ち、社会のテストが60点台から80点台までと、この技を取り入れてから伸びるようになりました。また、ノート書きなぐり法でノートを書いていると先生の話が頭に残りやすくテストでは威力発揮しまくりでした。先生が定期的に送って下さったアドバイスもとても参考になり、自分にプラスになるものばかりでした。初めは『あやしい本やなぁ』と思っていましたが、読んで実践してみると、その凄さが身を持って感じられました。先生本当にありがとうございました。谷澤塾生に会えてよかったです。あの谷沢塾のマニュアルは僕の大切な宝物です。
お父様のご感想
最終的に第1志望の公立高校を受験し合格出来たのですが、それまではいろいろと紆余曲折がありました。中学校の進路指導で内申点が足りない理由で第1志望校を変更するよう言われましたが、第2志望の高校へは絶対行きたくないという本人の強固な意志があり、検討した結果、先々の事を考え同等レベルの私立高校を専願で受験しましたが、不合格となりました。失意の中、インフルエンザにかかり心身共にボロボロの状態になりました。本人の様子を見かねて学級担任の先生と再度3者面談を行い、私立の2次募集を併願受験し、合格すれば第1志望を変更せずに当初からの志望校を受験しようという結論に達しました。そんな経緯があったものですから合格の知らせを聞いた時は、感慨深いものがありました。12月~2月の精神的に落ちつかない時期に気持ちの支えになったのが、この谷沢塾の「必勝マニュアル」でした。私達には長男を筆頭に今年度中学、小学校へそれぞれ入学する二男と三男と3人の子供がいます。私は彼らに、学生の本分である「学ぶ」ことの大事さや楽しさを親として伝えたい。そのガイド書として「必勝マニュアル」を活用させていただきたいと思っています。そして3人の子供達に人生のバイブルとして、それぞれに手渡したいと考えています。(個人の利用にとどめますので許可頂ければ幸いです)以上長くとりとめのない手紙となりましたが、合格の御報告とご指導の御礼そして「必勝マニュアル」の感想とさせて頂きます。最後に、これからも地球の未来を支える子供達に勇気と希望と自信を与える厳しくも慈愛に満ちた教育指導者として、益々のご活躍を祈念しております。草々

ご紹介したこれらの手紙はほんの一部です。

長くなってしまいますので、ここで終わりますが、まだまだたくさんの合格のお手紙、メールをいただいています。わたしは来年春の高校入試が終わったら、あなたのお子様からもこんなご報告のお手紙をいただけたらどんなに幸せだろうかと、今から本気で思っています。

多くの方のお役に立つことができて本当にうれしいです。けれども、はっきりと言っておかなくてはなりません。
このような方には買っていただきたくありません。

とても残念なのですが、せっかくここまでお読みくださったあなたに、大変失礼なことを申し上げなければなりません。

けれども、きっとあなたには当てはまらないことを祈りながら、あえて言わせていただかなくてはなりません。

このマニュアルは本当に多くの方に買っていただきました。そして マニュアルをお届けするたびにいろんなご意見、ご感想をいただきました。そのほとんどは、お礼のメール、良かった、びっくりしたというご感想です。本当にありがたく拝見しました。

けれども、中にはわたしの心からの思いをわかっていただけない方もおられます。わたしにとっては悔し涙が出るほどの言葉もいただいています。

「値段が高いではないか。そんな価値があるのか」
「書いてあることは本当なの」
「良くなかったら本当に返金してくれるんでしょうね」

毎年合格パーティーで最高の笑顔を見せてくれるわたしの塾の生徒たち。その中にあなたのお子様も入れてあげたいのです。

たいへん申し訳ないですが、少しでも「高い」とか、「信用できない」とか、「返金をあてにする」とか、「子どもが興味を持ちそうにない」とか、もし初めからそのようなマイナスの思考がおありの場合は、いますぐこのサイトを閉じていただきたいと思います。

そして二度とこのサイトに近寄らないでいただきたい。そういった気持ちがあるのなら、このようなサイトはいっさい見なければいいだけのことです。

・・少しあつくなりすぎてしまいました。申しわけありません。

ですが、ここまで申しあげるのは、私の本気のあらわれでもあります。わたしには学習塾経営という本業があり、いつも可愛い生徒たちが待っています。無理にこのマニュアルを買っていただく必要性はまったくないのです。「役に立ちそうだ」とご自分とご自分のお子様に投資する気概のある方だけに買っていただければ、それでよいと思っています。

毎年合格パーティーで、最高の笑顔を見せてくれるわたしの生徒たち。

学校やほかの塾の先生に 「志望校を変えたほうがいい・・・」 と言われたのに、わたしの塾で厳しい指導についてきて、見事逆転合格した。だからこそ、こんなに明るくはじけるような笑顔なのです。

わたしの塾生たちの笑顔を、日本のどこかで、今この瞬間も、高校入試の不安で小さな胸を痛めている子どもたちに分けてあげたい。わたしの思いはただそれだけです。

聞きたくない声もあるのに、私がこのマニュアル販売を続ける理由、それは簡単です。よりたくさん、とてもうれしい感想をいただいているからです。先ほど紹介した以外にも…

「正直びっくりです!私は今まで本気で考えていませんでした」(中3女子)
「先生の方法で数学、なんと、満点とりました」(中3女子)
「マニュアル届きました。娘が3時間も読みふけっています」(中3女子のお父様)
「『これ、当たってる』と娘が言いました。今まで机に向かったことのない子が勉強し始めました」(中2女子のお母様)
「わが家にとって、学びのバイブルになっています」(中1男子のお母様)
「教え子たちがテストで過去最高の成績をとりました」(学習塾講師、20代男性)

遠く離れたところに、可愛い生徒ができた気分です。
遠く離れたところに、信頼し合える心からの友人ができた気分です。

このように前向きに、プラスに受け止めてくれた方たちを大切にしたいと思います。
この機会を前向きにとらえ、すこしでも価値と可能性を感じてくださる方は、どうぞご参加ください。

わずか75日で完成!
公立高校入試合格マニュアル
学習進度には個人差があります。
▼ 特典について ▼

特典のビデオアドバイスは、インターネット上で視聴して頂けます。(主に入試直前期にメールにて配信します。スマートフォン、タブレット端末での視聴も可。)DVDはお手元には届きませんので予めご了承ください。

※ビデオアドバイスの配信メールが届かない方が極まれにいらっしゃるため、視聴のための動画URL一覧は、商品と一緒に印刷物でもお届けしますのでご安心ください。
▼ 全額返金保証について ▼

また、ご購入後にお役に立たなければご返金いたしますので、ご安心の上お申し込みください。

販売価格 19,800円(消費税別)
ヤマト運輸の代金引換便にてお届けします。
送料(全国一律)800円、代引き手数料400円を、
別途加算させていただきます。(諸経費はすべて税込)
限定80部の追加販売です。
お早めにお申し込みください。
<お知らせ>

1月4日(水)予定数販売を終了いたしました。

完売直後わずかの差でご購入できなかった方々には、本当に申し訳ございませんでした。

当初の予定では、このマニュアル販売はこの完売をもって終了する予定でおりました。

しかしながら、完売後も多くの方から販売依頼やお問い合わせをいただきました。
いよいよ高校入試まで残りわずかとなった中3のお子様、日ごろ学習方法のことでお悩みの中1、中2のお子様、学習意欲の高い小学生のお子様、また、資格試験にチャレンジされる社会人の方などから、「何とか今から購入できないか」というお問い合わせを、本当に多数いただきました。

以上の状況から、まだまだ多くの方々が当マニュアルを必要としてくださることを知り、もう一度、追加製作、販売を行うことに致しました。

追加販売の内容についてお知らせいたします。

このマニュアル販売で大きな収益を見込んではいません。けれども、売れ残りによる赤字計上は絶対に避けたいと思っています。そこで販売は80部限定とさせていただきます。

私どもは本業の学習塾経営で十分な利益を得ていますので、このマニュアル販売では、さほど多くの利益を見込んでいません。しかし、そうすると逆に、万が一売れ残りが出たときには大きな損失となってしまいます。そこで、販売数をできるだけ少なく設定し「絶対に売れ残りを出さない」という方針で行っています。

そのような訳で、追加分の製作、販売はいつも少数限定とさせていただきます。どうぞご理解、ご了承をいただき、必要な方はこの機会に確実にご購入くださいますようお願いいたします。

※価格については、なぜそのようなお値段になるかという理由のご説明とともに、本文中に明記してございます。このホームページをどうぞ最後までご覧いただきますよう、お願いいたいます。

<お断りとお願い>

ここであらためて、重要なお願いがございます。実は毎回販売を行うたびに、期限まぎわのわずかの間に、非常に多くの注文が来て対応しきれなくなり、お客様にご迷惑をおかけしてしまうことがあります。

販売終了期限が近づきますと、注文が一気に増え、短時間のうちに重なってしまいます。そしてほんのわずかの差でご購入できなかった方々からご不満の声が出てしまいます。販売に関する情報はこのホームページ上でできるだけ詳しくお知らせしていますが、私どもとしては、まことに申し訳ございませんが、それ以上の対処はできません。

そのような訳ですので、今回の80部の追加販売終了後は、お問い合わせ、お買い求めにはご対応を遠慮させていただきますことを、今から念を押してお願いしておきたいと思います。何とぞご了承いただきますよう、お願いいたします。

「価格を確認して慎重に検討したい」 という方は、最後までお読みになってからお申し込みください。
「このマニュアルを確実に入手したい」 という方は、今すぐお申し込みください。
*ご安心の上、お申し込みください。
 発送までに事情がお変わりになりましたら、キャンセルをお受けいたします。
 お届け後、ご希望に合わなければ、必ずご返金いたします。

本マニュアル及び商品紹介ページの著者は、私 谷澤潤ですが、マニュアルの制作・販売は提携先である(株)テンタイムズ様に委任しています。専門業者として運営に専念して頂いておりますので、ご安心の上お申し込みください。

塾の秘密の情報を出すことにより、わたしは大きな危機感を感じています。
その危険を補ってくれるくらいのお値段は、
いくらなのでしょうか。

ここまでお読みになって、わたしの思い、理念、このマニュアルがどんな内容なのか、そして、全国のお子様たちにどれだけ支持していただいてきたか。そのようなことを十分にご理解いただけたと思います。

このマニュアルをあなたのお子様にお渡ししたいのですが、お値段はいったいいくらにするべきか、わたしは非常に迷いました。

このマニュアルは、もとはといえば、わたしが23年間、個別指導塾を経営しながら育ててきた、塾生を合格させるための 「秘伝の手引書」 です。本来はほんのわずかの方々の目にさえも触れさせることすらためらわれるような代物です。

そのようなものを人にお渡ししてもいいお値段。これだけいただいたなら、もしも塾が経営危機に陥っても悔いはない。そう思えるお値段。それはいったいいくらだろうと、発売前におおいに悩みました。

わたしが一人の塾生からいただいている授業料は年間60万円です。けれども、あなたのお子様には、わたしの塾の生徒のようにそばについてあげることはできませんので、マニュアルのお値段は・・・。

わたしの塾には週3回来ている生徒が最も多く、その授業料が30,000円(プラス税)です。1年間通塾すると36万円。春夏冬の講習、定期テスト対策の追加授業料などを入れると、わたしの塾の生徒のご家庭からは年間60万円近くの費用をいただいています。ですから、 60万円いただいて指導している内容をそのままあなたのお子様にお渡しすることになります。

けれども、わたしの塾生たちと同じように、わたしがあなたのお子さんのそばについて教えるわけにはいきません。だからそれを差し引いて、その五分の一の、10万円をいただきたい。本当はそんな気持ちです。

けれども、このように考えました。

わたしには本業があり、そこから十分な収入を得ています。だから、このマニュアルで多くの利益を見込む必要はありません。それに、当初わたしが思っていたよりもずっと多くの方に買っていただいて、たくさんの合格の声をいただきました。値段を上げて利益をとるよりも、このほうがずっと良いと思いました。

そこで、たくさん売れた分をあなたに還元するつもりで破格のお値段をつけました。この「わずか75日で完成!公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。)は、19,800円(税別。送料、代引き手数料は、別途)で、あなたのお子様にお譲りいたします。

マニュアルの用紙代と印刷費用、ファイル等の付属品代、そして販売業務を代行してくれる販売業者にわずかの手数料。これらをまかなうことができればそれでいい。そんなお値段にさせていただきました。

この販売価格はわたしにとっては破格のお値段です。けれども、ひょっとしたらあなたにとっては 「高い」 お値段かもしれません。もし、あなたが今までにこのようなお買い物をされたことがないのでしたら、次のようなことをお考えになっていただきたいと思います。

だれでも手に入る一般の書と、ほんの一部の 「必要とされる方」 だけにご提供する秘匿性の高い情報を、決していっしょにしないでください。

書店に並んでいる本と比べ、「高い」 とおっしゃる方がいます。その方は、「情報」の価値というものに対し、まったくの 「無知」 でいらっしゃいます。 高度に発達した現代の社会では 「情報」 ほど価値の高いものはないのです。

特に 「今の自分に最も必要な情報」 は、いくらお金を出してでも手に入れるべきではないでしょうか。

知識を得たいときには、確かに、本を買うのがいちばん簡単な手段です。けれども本は、書店でだれでも手軽に手に入れることができます。だから、それほど価値の高い、秘密の情報にはなりません。それを読んでもほかの人に差をつけることはできません。

一方、わたしのマニュアルは、けっして一般書店では手に入りません。

今のあなたのように本当に必要としている方にインターネットで見つけていただき、ホームページを読んで本当に必要かどうかじっくりと考えていただくのです。

だから、多くの人には知られることはない、非常に希少価値の高いものです。

お子様の学習効率を上げるためにほんの些細なこともすべて検討し尽くしました。

子どもは、ほんのわずかなことがきっかけで、やる気を出したり、無くしたりします。

その観点から言うと、子どもが学校で見ている教科書も、一般書店で売られている書籍も、完成度はとても低いです。

「ふつうに読めれば良い」
「読む読まないはその人の問題」

これが一般書籍の作り方です。だから、1,500円なのです。

けれども、このマニュアルは、高校入試までお子様に徹底的に付き合っていただくのですから、手ごろな大きさ、手ごろな紙質で量産し、1,500円で売るというわけにはまいりません。

  • 入試までの長期間の使用に耐えるように、上質の紙を使い、丈夫なファイルに閉じています。
  • 5部のパートがひと目でわかり、しかも目にやさしくて読みやすい5色の紙を使っています。
  • 子どもが本や教科書をなかなか読まない原因の一つとして問題になっている、文字の大きさ
    や行間スペースも十分に研究し尽くして、1冊に仕上げました。

「お母さん、最高のプレゼントをありがとう」
勉強に関心のあるお子様なら、
きっとこう言って、喜んでくれるでしょう。

このマニュアルは、もともと勉強に関心のあるお子様なら、一度読み始めたら止まらなくなり、一晩で一気に読破することでしょう。

いまはそれほど勉強に前向きになれないお子様は、

「これは自分にあてはまる」
「これはいまの自分に役に立つ」

というところを見つけて、ひとつひとつマスターしていけば、OKです。

お送りするときにも、お子様に真新しいまま、気分よく取り出していただけるように、念入りに梱包してお届けします。

お子様が、わくわくしながら梱包を開け、ファイルにマニュアル本体をセットし、「がんばるぞ」 とはりきる姿を想像してみてください。

あなたの幸せに満ちたご家庭に、さらにそんな楽しい1ページを加えていただきたい。そのためにも紙をはじめ品質には非常にこだわりました。

マニュアルを買っていただくのではありません。
お子様に、わたしの塾に「入塾」
していただくのです。
授業料は、マニュアル代金のみです。

さらに、受験直前期にはわたしからあなたのお子様へ 「ビデオアドバイス」 をメールでお送りします。

  • 読んだだけでは実感としてわかりにくいところ
  • 入試直前に元気付けてあげたいとき
  • わたしの塾で実行した新しい学習方法を追加でお知らせしたいとき

そんなときに、わかりやすいまとめの画面と音声録音によるアドバイスをメールでお送りします。それによって、マニュアルの効果をさらに高めることができます。

さきほど

「このマニュアルを、書店で手軽に手に入る一般の書とは同列に扱わないでください、あなたのお子様にとって1冊の本とは比べ物にならないくらい価値のあるものです」

と、お話しました。

あなたがこのマニュアルをお子様に買ってあげるということは、あなたのお子様が、わたしの経営する 「谷沢塾」 に 「バーチャル入塾」 するようなものだと思ってください。

あなたのお子様に会うことはできませんが、
わたしの生徒のひとりとして、高校入試合格まで大切に指導します。

【特典1:お子様向けビデオアドバイス 全11回】

わたしは塾の生徒1人から毎月4万円前後、年間では60万円前後の授業料をいただいています。なぜそんな高額なお金をいただくのかというと、わたしが直接子どもたち一人一人の勉強を見てあげるからです。

直接子どもたちの様子を見て、状況に合わせて教え、質問が出ればていねいに答える。このように指導しています。

けれども残念ながら、遠く離れたあなたのお子様には、このようなことしてあげられません。そこで、あなたのお子様に、少しでも私の塾に入ったのと同じようなバーチャル体験をしていただくための道具が、この 「公立高校入試合格マニュアル」 なのです。

あなたは 「このマニュアルを買って、それで終わり」 ではありません。わたしがいつも授業中に塾の生徒に語りかけている勉強の大切なポイントを、スライドと私の声の録音によって、あなたのお子様に、同じようにお届けします。

あなたのお子様を 「大切な生徒の1人」 と思って、わたしは心を込めて録音をします。

サーバー容量の関係と、すでにマニュアルを買ってくださった方たちに申し訳ないので、ほんのわずかですが、サンプルとしてその一部を聞いてみてください。

この直前期に定期的にメールでお送りする「お子様向けビデオアドバイス」 がどんなに役にたったかということは、合格したお子様たちの感想文の中に書かれています。どうぞもう一度、感想文をお読みになってください。

わたしからあなたのお子様に、心をこめて送る
「お子様向けビデオアドバイス」 は、以下をクリック


お子様へのビデオアドバイスサンプル



特典のビデオアドバイスは、インターネット上で視聴して頂けます。

スマートフォン、タブレット端末での視聴も可能です。主に入試直前期にメールにて配信します。ビデオアドバイスの配信メールが届かない方が極まれにいらっしゃるため、視聴のための動画URL一覧は、商品と一緒に印刷物でもお届けしますのでご安心ください。

なお、DVDはお手元には届きませんので予めご了承ください。

「子どもにこのマニュアルを手渡すだけで、
勝手に勉強し始める…」 なんて都合のいいことは考えていませんよね。
あなたにも一緒に勉強していただきたいです。

【特典2:保護者向けビデオアドバイス 全20回】

子どもの学力がなかなか向上しないのは、親に原因がある場合も多いです。

「うちの子はどうして…」 とイライラする前に、あなた自身がお子さんに対して成績が上がりやすい接し方をしてあげているか、成績が上がりやすい環境を作ってあげているか、よーく考えていただきたいと思います。

そこで、このマニュアルをお買いになったお父さんまたはお母さんであるあなたには、「子どもの学力向上に親がしてあげられること」 という音声解説をお送りします。これもほんのわずかですが一部を聞いてみてください。

わたしからあなたに、心をこめて送る
「保護者向けビデオアドバイス」 は、以下をクリック


保護者であるあなたへのビデオアドバイスサンプル



特典のビデオアドバイスは、インターネット上で視聴して頂けます。

スマートフォン、タブレット端末での視聴も可能です。主に入試直前期にメールにて配信します。ビデオアドバイスの配信メールが届かない方が極まれにいらっしゃるため、視聴のための動画URL一覧は、商品と一緒に印刷物でもお届けしますのでご安心ください。

なお、DVDはお手元には届きませんので予めご了承ください。

中身を見て、
「うちの子には役立ちそうもない」 と思われたなら、お支払いいただいた商品代金を、
必ず、全額返金します。 【全額返金保証】

さてもうひとつ、本屋さんの 「本」 とはまったく違った面があります。それは 「全額返金保証」 です。

この19,800円というお値段は、「マニュアルのお値段」 ではないのです。「マニュアルに書いてある秘密の情報」 のお値段です。つまり、それが「役に立つ」と思っていただいたときに初めてわたしは19,800円をいただけるのです。

ですから、もしあなたが実際に中身をみて「役に立たない」 と思われたなら、どんなに豪華に作ろうとも、それはただの紙の束です。だから、その方にはわたしは全額ご返金します。

商品代金の19,800円(+消費税)と諸経費(送料、代引き手数料)を全額を返金します。お振込み手数料ももちろんわたしどもが負担いたします。

「開封したから返金できない」 とか、「ページを汚したので返金できない」 とか、「お子様が実行しないのが悪い」 とか、そのような細かなこともいっさい言いません。

たとえ結果的にご返金されることになっても、あなたはわたしのこの手紙の内容を一度は信用し、購入する決意をしてくださったのです。そのご期待に沿うことができないならばお金をいただくわけにはまいりません。

23年間の塾経営で作り上げた学力向上のノウハウに自信があります。もしもあなたが 「返金してほしい」 と思われたときに、逃げも隠れもしません。

インターネット上では、根拠のない批判や脅迫めいた言葉まで飛び交いほうだいですので、このような全額返金のご提案に懐疑的になる方たちの気持ちもわかります。

個人の間で匿名や仮名でホームページの公開やコメントの書き込みが可能なように、教材販売などのビジネスにおいても、その販売業者が本当にその専門家かどうかわからない。それどころか、そんな会社が本当にあるのかどうかもわからない。

そんな状況の中で、ビジネスが行われています。だから、お金を払う立場の消費者の方々が、懐疑的になるのはよくわかります。

だからこそわたしは、できるだけ詳しい説明をしたいと思い、ここまで説明の長いホームページを作りました。

さらに、今あなたにおすすめしている 「公立高校入試合格マニュアル」 は、専門外の人間がお金儲けのために書いたものではないということを、わたしの意地と名誉にかけても、あなたにわかっていただきたいと思っています。

そこで、ホームページの最初で、わたしが23年間経営してきた塾の様子を写真でお見せし、所在地を「グーグルマップ」 で示しました。

それは、もしもこのマニュアルがあなたのご希望のものではなかったときには、「逃げも隠れもせず、必ずご返金します」 という固い意思をお伝えするためでもあります。

大企業のように、イメージ最高のテレビコマーシャルなど、作ることができません。それでも負けずに、全国の子どもたちに届けてあげたいです。

本来、ここまで言わなければ信用していただけないということは、本当に残念で情けないことです。インターネットはまだ一部の方には信用の薄い媒体です。

けれども、わたしたちはお金があり余っている大手企業とはちがいます。わたしたち小規模企業は、テレビのコマーシャルを使うなど、夢のまた夢です。

そんなわたしたちが、自分たちの持つ情報を、必要としている方にお届けするには、このような方法しかないということを、どうぞご理解いただきたいと思います。
ついでながら、最後にもうひとつ、あなたがわたしに対する信用を高めてくださるように、以下のものをご紹介いたします。

わたしがこれまで出版した2冊の本です。わたしの指導理念や塾経営理念は複数の出版社から高い評価を受けました。

村上春樹さんのベストセラーほどではありませんが、いずれもご好評いただき、1冊目の本は、勉強をがんばる世代のお子様を持つお母様に、2冊目の本は、仕事で成果を出したいと頑張るビジネスマンにお読みいただいています。

あなたに少しでも安心していただきたくて、
すこし自慢話のようになったかもしれません。
しかし・・・

わたしは、このサイトで自分自身の自慢をしたいわけでも何でもありません。

わたしの塾で、学力が伸び悩んでいる子どもにも、とても効果があった学習方法を、わたしの塾から遠いところにお住まいのあなたのお子様に何とかしてお届けしたい、それだけが目的です。

けれども、もしあなたが、

「この教材には興味があるけれども、どんな人が書いたのかわからないので信用できない。役に立たなかったら返金すると言っているけど、信用できない」

そのようなご心配から、お子様の学力向上の機会を逃しているとしたら、とても残念なことだと思うのです。それで、わたしも、自慢しているように見られるのは本当に嫌なのですが、やむを得ず、最後にお話しすることにいたしました。

もしもお気に障ることがございましたら、心からお詫びを申し上げます。

しかしながら、稚拙な方法でしか多くの方に知っていただく手段を持たない、弱小企業の立場も、ほんのわずかでもご理解いただけたら、とてもありがたく感謝いたします。

貴重なお時間を費やして最後までお読み
いただき、本当にありがとうございます。

とうとうここまでお読みいただきました。このような形であなたと出会ったことに心から感謝いたします。

この長い手紙をここまでお読みいただき、本当に感激です。 あなたとはお互いにまったくちがう土地に住んでいるのに、こうしてご縁をいただくことができました。インターネットはいろいろと言われることが多いですが、わたしはやっぱり感謝したいと思います。

お名ごり惜しいですが、最後までお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。
願わくばあなたがこのマニュアルをお手にされ、大切なお子様の成績が上がって、ご家庭のお幸せにほんの少しでもお役に立つことができれば、この上なく幸いに思っています。


from 新潟県新発田市
個別指導専門塾 谷沢塾
塾長  谷澤 潤
追伸1
「なかなか良さそうだな」と思いながらも、
一歩を踏み出す勇気をお持ちになれないあなたへ。
今までと変わりのないお子様の勉強の様子に、これからも悩み続けますか。それとも、「何ごとも試してみよう」と、ほんのわずかのチャレンジをしてみませんか。

無理にお勧めするわけではないのですが、ここまでお読みくださったとしたら、それはこのマニュアルに少なからずご興味を抱かれたからだと思います。

もしいまお子様が、成績が伸びなやみ何も打つ手がないままでいるのでしたら、今後も今までと変わらない平凡な学習を続け、今までと変わらないイライラや悩みを続けていくことでしょう。ですから、いま一度じっくり考えていただきたいと思います。

本業との関係で一時、このマニュアルの販売を中止したことがあります。そのときは 「予告もなくなぜやめるのか」 「あとで申し込もうと思っていたのに」 「何とか特別に売ってもらえないですか」 など、多くのメールが届いてしまいました。有難い反面、「最初に見たときに買わないで、なぜ今ごろこんなことを言うのだろう」 と、不思議に思いました。

さまざまな事情により、いつ販売を打ち切らなければならないか、私どもにもわかりません。次回もまた追加販売ができるかどうか、保証はできません。なので、「良さそうだな」というお気持ちが少しでもおありなら、どうぞ今すぐに、ご購入申し込みの手続きとおとりになってください。

正直に申しまして、「こんなもの用はない」 と、きっぱりとこのサイトを閉じていただいたほうがどんなに気が楽か知れません。興味をお持ちになり、迷った末にお問い合わせくださった方に、「販売は終わりました」 とお断りするほど、つらいことはありません。

追伸2
「もしもわたしの子に合わなかったらどうしよう。大切なお金を無駄してしまうかもしれない」 と心配されているあなたへ。
あなたは決して損をされることはありません。 ここでお迷いになることなど、必要ないはずです。

先にお話しましたように、商品が届いてから 「思っていたものとは違うな」 とお感じになれば、どのような状況であろうと必ずご返金いたします。

何度もお伝えしているとおり、私には学習塾経営という本業があります。このマニュアル販売だけで生計を立てているのであれば別ですが、塾の収入がありますから、マニュアルが売れなくても少しも困らないし、一旦申し込んだ方がキャンセルされることも、お役に立たない場合にご返金することも、わたしには何の支障もありません。キャンセルも返金も、迷惑ともなんとも思いません。

だからあなたも、「買おうかどうしようか」 と、ここでお迷いになる必要などないのです。マニュアルが届いてからゆっくりお手に取り、そのまま使おうか、返金してもらおうか、そこで初めてお決めになればよいのです。

どうぞもう一度、すぐ上の、「中身を見たときに、『うちの子の役に立ちそうもないな』と思われたなら、 お支払いいただいた商品代金を、必ず全額返金します。
というところをじっくりとお読みになってください。

わずか75日で完成!
公立高校入試合格マニュアル
学習進度には個人差があります。
▼ 特典について ▼

特典のビデオアドバイスは、インターネット上で視聴して頂けます。(主に入試直前期にメールにて配信します。スマートフォン、タブレット端末での視聴も可。)DVDはお手元には届きませんので予めご了承ください。

※ビデオアドバイスの配信メールが届かない方が極まれにいらっしゃるため、視聴のための動画URL一覧は、商品と一緒に印刷物でもお届けしますのでご安心ください。
▼ 全額返金保証について ▼

また、ご購入後にお役に立たなければご返金いたしますので、ご安心の上お申し込みください。

販売価格 19,800円(消費税別)
ヤマト運輸の代金引換便にてお届けします。
送料(全国一律)800円、代引き手数料400円を、
別途加算させていただきます。(諸経費はすべて税込)
限定80部の追加販売です。
お早めにお申し込みください。
「価格を確認して慎重に検討したい」 という方は、最後までお読みになってからお申し込みください。
   「このマニュアルを確実に入手したい」 という方は、今すぐお申し込みください。
*ご安心の上、お申し込みください。
 発送までに事情がお変わりになりましたら、キャンセルをお受けいたします。
 お届け後、ご希望に合わなければ、必ずご返金いたします。

本マニュアル及び商品紹介ページの著者は、私 谷澤潤ですが、マニュアルの制作・販売は提携先である(株)テンタイムズ様に委任しています。専門業者として運営に専念して頂いておりますので、ご安心の上お申し込みください。
塾・予備校関係の皆様へ
当サイトにアクセスいただき、誠に有難うございます。
当初、 塾・予備校関係の方はご購入をご遠慮いただきたい旨をお知らせしましたところ、複数の塾関係の方から「販売価格よりも高く買い取るので、ぜひ売って欲しい」というご要望をいただきました。そのご意見を拝見し、皆様の自塾の生徒のためにという真摯なお姿に非常に心打たれました。以上の経緯から、塾関係の方々にも一般価格にて販売することに致しました。(現在、制作販売および運営は、株式会社テンタイムズ様に委任しています。)どうぞ存分にご活用ください。ただし、以下の点について十分なご配慮をお願いいたします。

このマニュアルの著作権は、有限会社谷沢塾 谷澤潤に帰属します。けっして複製および第三者への転売をなさらないようお願いいたいます。

本マニュアルの売買は、お互いの発展に寄与するものとの認識において行われるものとさせていただきます。よって、ご購入された塾関係の方には、マニュアルに対する先生方のご感想、塾生の皆様のご感想、実践結果などを、販売および運営元の株式会社テンタイムズ様までお知らせいただければ非常に幸いに存じます。
最後に、たくさんの合格者の声を
ご覧ください。
ここでご紹介するお子様たちも、このマニュアルを手にする前は、「第一志望校はダメかもしれない」と思っていました。

多くのお子様とお父様お母様が、入試が終わると、合格報告のお手紙をくださいます。本当にうれしいです。

どうぞ、これらをご覧になり、わたしが書いた 「わずか75日で完成! 公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。) は、ただものではないな…と、実感してください。

「たかが1冊の 『勉強の手引書』 を、インターネットで買っただけで、子どもの勉強に、こんなに劇的な変化が表れるものなのか・・・」

と、まずあなたは驚かれることでしょう。

それも、一人や二人ではありません。日本全国のたくさんのお子様とお父様お母様が、このマニュアルに出会っただけで、逆境を克服し、あこがれの志望校に合格しているのです。

さらにたくさんの「合格の声」を
ご覧ください。
たとえ、このマニュアルをお買いにならなくても、ここで紹介する「合格の声」は、必ずお子様のお役に立ちます。どうぞ全部読んでみてください。

わたしは、このマニュアルの成果を自慢したいがために、多くの合格者の感想文をお見せするのではありません。(…いえ、多少そういう気持ちもありますが(笑))

合格したお子様たちの実践の記録をご覧になるのは、あなたのお子様にとって、とても参考になると思うからです。

たとえあなたが、わたしが今おすすめしている 「わずか75日で完成! 公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。) をお買いにならなくても、縁あってこのサイトをご覧になったあなたと、あなたのお子様に、ほんの少しでもお役に立ちたいのです。

ここに載せている 「合格者の声」 を、くまなくお読みになれば、きっとあなたのお子様が今抱えているのと同じ問題を克服し、1ランク、2ランク上の高校に合格したお子さんの感想があるはずです。

とてもたくさんありますし、手書きの手紙のまま載せましたので、たいへんかと思いますが、すべて根気よくお読みになり、あなたのお子様と同じケースをぜひ見つけてあげてください。

そして、それをどうぞ、お子様と一緒にお読みになるか、またはお子様のために、書き写してあげて下さい。

わずか75日で完成!
公立高校入試合格マニュアル
学習進度には個人差があります。
Q&A集 - これまでに寄せられた質問にお答えします。
Q1 公立高校入試合格マニュアルと書いてありますが、使えるのは公立高校入試だけですか。私立高校の入試対策には使えませんか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

いいえ、そんなことはありません。私立高校入試にも十分使えます。

なぜ 「公立高校入試合格マニュアル」 と名付けたかと言いますと、わたしが学習塾を経営している新潟県では、公立高校入試はどの高校もすべて5教科、そして私立高校入試はどの高校もすべて英数国の3教科だからです。

このマニュアルは、中学生が勉強する5教科すべての学習方法や心構えについて書いたものです。だから 「公立高校入試合格マニュアル」 と名付けました。けれども、入試問題で合格点を取り、第一志望校に合格するという意味では、公立高校であろうと私立高校であろうと、すべて共通して通用します。

ただ、お子様の第一志望校の入試科目が英数国の3教科だから、理科と社会の解説は不要でもったいない。そのようにお考えるになるのであれば、買わないほうがいいと思います。

けれども入試の前に中学校の勉強をしっかりやって、内申点を上げなければならないということもあるので、理科・社会の勉強方法の解説も十分役に立つのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

Q2 このマニュアルは、参考書ですか。問題集ですか。どのくらいのレベルの問題が入っているのですか。

このマニュアルは参考書や問題集などの 「教材」 ではありません。あらかじめその点をよくご理解ください。あなたのお子様に、勉強の心構えや効率のよい勉強方法を身につけてもらうための解説書です。

今の日本の学校教育では高度な受験対策を期待するのはむずかしいので、町にはたくさんの塾があります。そこには難しい問題もわかりやすく教えてくれる素晴らしい先生たちがいます。

けれどもその先生たちは、あなたのお子様に勉強の心構えや勉強方法について、それほど詳しくは教えてくれませんよね。ほとんどの進学塾、しかも授業レベルが高い進学塾ほど、宿題や家庭学習は本人任せになります。よくできる子どもたちだけがさらに上へと引き上げてもらえます。

だからいい塾に入れば成績が上がるのではなく、いい塾に入る前に、勉強に対する心構えと、効果の出る勉強方法を身につけておかなければなりません。そのお手伝いをするのが 「わずか75日完成! 公立高校入試合格マニュアル」(※学習進度には個人差があります。) です。

Q3 子どもはいま小学生で、中学受験を考えています。中学受験には使えますでしょうか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

もちろん使えます。

「公立高校入試合格マニュアル」 という名前に戸惑っておられるお子様と、お父様お母様が多いようですが、冷静に考えてみてください。高校受験であろうと大学受験であろうと中学受験であろうと、また社会に出てから受ける資格取得試験であろうと、或いは社内の昇進試験であろうと、課題を理解し、記憶し、忘れないように維持し、試験で効率よく思い出す、という受験勉強のプロセスはすべて同じです。

このマニュアルは、一生懸命がんばっているのになかなか効果の出ない子どもたちの 「心の甘さ」 や 「まずい学習方法」 の実体を解き明かし、それを矯正し、短期間で効果の出る勉強の心構えや勉強方法について、教えるものです。

ですから、基本的には公立高校を受験する中学3年生のために書いたものではありますが、中学受験を考えているお子様にも、十分役に立ちます。

Q4 子どもは中1(中2)です。このマニュアルを買うのはまだ早いでしょうか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

いいえ、そんなことはありません。

多くのお子様が、入試まぎわになっても勉強の心構えや効率の良い勉強方法が身につかないまま、苦しんで勉強しています。それで、本気を出して取り組めば短時間でも効果のある学習方法として、このマニュアルを書きました。

けれども、勉強や入試に対する心構えがしっかりできているお子様が、中1や中2などの早い時期にこれを手にされたなら、基本理念の部分からじっくりと学んでいただくことができますから、よりいっそう効果的です。

そして、このマニュアルには、受験直前期に定期的にメールでお送りする、わたしの声とスライドを使った 「ビデオアドバイス」 がついています。このビデオアドバイスは、お子様が中学校を卒業するまで、1年周期で毎年メールでお送りいたします。ですから中2のうちにお買いになれば、2年間続けて受けることができます。中1のうちにお買いになれば、3年間続けて受けることができます。仮にお子様が5歳の時にお買いになれば、お子様の中学校卒業まで10年間続けてこのビデオアドバイスをメールで受け取ることができます。早い時期にお買いになるほどお得になります。

「子どもが小学校高学年や中学生になったときに、親として最低限のアドバイスくらいはしてあげられるようになりたいです」 と、小さなお子様を持つ若いお母様も大勢このマニュアルを買ってくださいます。日本のお母様たちは、本当に優しく子ども思いだということを、とても実感しうれしくなります。

Q5 大学受験には使えますか。
Q6 資格試験を控えた社会人ですが、使えますか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

はい使えます。

Q3でお答えしたとおり、試験で結果を出すための勉強のプロセスに、中学受験も、高校受験も、大学受験も、社会人試験にも、大きな差はありません。

このマニュアルを通じて 「学ぶ」 ということの 「本質」 を学んでいただき、さらに、このページ上で紹介した 「人間の脳のメカニズムに基づくノート法」 を習得していただければ、どんなに最低に見積もっても20%の学習効率アップは見込めると思います。

Q7 いま塾に行っていますが、なかなか結果が出ません。
塾をやめてこのマニュアル一本で勉強しても
大丈夫ですか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

はい。もし今思うように結果が出ていないのなら、そうされた方がいいかも知れません。

このマニュアルは、私が自分の塾で23年間子どもたちを教えてきたエッセンスを書いたものです。ですからあなたのお子様が 「本気で勉強する」 という強い気持ちを持っているのなら、マニュアルを読んだとき、わたしが直接語りかけていると、感じてくれることでしょう。

わたしはあなたのお子様に直接会って教えてあげることができません。だからこそ、わたしの塾生からは、3万円から4万円ももらって教えている内容のエッセンスを、マニュアル1冊分の代金だけでお伝えしています。また、入試直前期にはメールでビデオアドバイスもお送りします。つまり、私があなたのお子様に直接お会いできないこと以外は、あなたのお子様が私の塾に入塾したのと状況は変わりないと思っています。

ただし、Q2でお答えしたように、このマニュアルは、「勉強の心構えと勉強方法」 について書いたもので、参考書や問題集などの 「教材」 ではありませんから、その部分はご自分でしっかりと用意していただく必要があります。

Q8 いま塾に行っています。まずまずの成果が出ています。
塾をやめてこのマニュアル一本で勉強しても
大丈夫ですか。
本マニュアルの学習方法の効果には個人差があります。

いいえ、それはしない方がいいと思います。

今行っている塾でほとんど成果が出ないのならば見切りをつけた方がいいですが、まずまずの成果が出ているのであれば、その塾でがんばるように専念したほうがいいと思います。

もちろん、このマニュアルにご興味があるなら、塾に通ったままマニュアルを使って、お子様の勉強に対する心構えと勉強方法のスキルを向上させ、今の塾の指導の成果をさらに上げていくのがいちばんいいと思います。

くり返しますが、このマニュアルはあなたのお子様の勉強の心構えと勉強のやり方を向上させるためのものです。だからこのマニュアルで学び、さらに、良い指導をしてくれる塾の先生のもとで学ぶならば、それらが相乗効果を産んで最高の結果を出すことができるでしょう。

とても楽しみです。もし成果が出たら、メールで教えてくださいね。

Q9 役に立たなかったら返金してくれると書いてありますが、これは本当でしょうか。他にもこのような教材を
インターネットで見つけましたが、返金の条件として
「実行したという証拠を送ってください」と、書いて
ありました。そのようなことはないですか。

本文中でもお話しましたが、返金は無条件で行います。ただし、1つだけ、返金受付の期限を 「1年間」 とさせていただきます。それ以外は、理由も必要なく、商品代金と諸経費(送料、代引き手数料)を全額返金いたします。

たとえ最終的に返金する事になったとしても、このようなインターネットのサイトを見ただけで、わたしたちのことを信用してくださって、一度は商品を購入してくださったということに、心から感謝します。ですから、あなたに損をさせたくありません。

他に、このような教材販売会社の返金条件としては、
・開封後は返金に応じられません。
などというものがありますよね。 また、
・商品の性質上、返品返金には応じられません。
というものもあります。

本来それが普通なのででしょうが、私たちはそのようには考えていません。ホームページを使ってどんなに詳しく説明しても、実物を100%確認できるわけではありません。ですからあなたが実物を見たときに 「残念だけど役に立たない」 と思われたならば、無条件で返金するのは当たり前と思っています。
多くの業者が、条件付きの返金であるのに対して、なぜわたしたちがなぜこのように、ほぼ無条件の返金ができるかというと、その理由は二つあります。

一つは商品に絶対の自信があるからです。もちろん今までに何名かの返金希望者はおられました。しかし、それは20~30名に1人くらいです。その方たちには、すべて連絡をいただいた日から、金融機関の翌営業日に返金しています。

そして、その方たちからは、例外なく 「親切に、迅速に対応していただいてありがとうございます」 と、お礼のメールをいただいています。
   ※担当者出張等の場合は2~3日のお時間をいただく場合があります。

そして第2の理由は、私たちの本業は学習塾経営であり、そこから十分な収益を上げているからです。わたしたちにとって、このマニュアル販売は、極度の赤字にならない限りOKです。そのため、返金にもすぐに対応することができます。

収益は本業で追求し、このマニュアルは、わたしの塾に来ることができない全国のお子様たちへご奉仕するつもりで、お届けしています。

この長い手紙をここまで読んでくださったこと自体に、わたしはすでにあなたに心から感謝いたします。誓って申し上げますが、あなたにけっして損になることはいたしません。

Q10 子どもが中1ですが、ビデオアドバイスはいつまで受けられますか。高校入試の年にも受けられますか。

はい、ご安心ください。このマニュアルについている入試直前期のビデオアドバイス(メールにて配信)は、お買いになった年だけとか、購入後1年間だけとかではありません。お子様が高校入試を終えるまでお送りします。

ですから、このマニュアルを中1や中2、または小学生など、早い時期にお買いになればそれだけ多くの回数のビデオアドバイスをメールで受けることができます。

どうぞ、お子様には数年間くり返しマニュアルをお読みになり、入試直前期にメールでお送りするビデオアドバイスをお聞きになり、同時に日々の学習で実践と試行錯誤をくり返し「学習方法の達人」になっていただきたいと、心から願っております。

早い時期に「効果的な学習方法」と「当たり前のように勉強する習慣」を身に付けたなら、きっとお子様は、高校受験のみならず、最終目標である大学受験でも大きな成果を上げてくれることと思います。

いつかあなたからそんなご報告をいただくことをとても楽しみにしています。